パリに生きる パリを描く

神戸市立小磯記念美術館まで最終日に行ってきました。
初めて訪れる美術館です。

paris
外観

paris
ガラス越しに中庭が見えます 

関西在住のM氏のコレクションで、藤田嗣治をはじめ、佐伯祐三、荻須高徳、小磯良平などパリに憧れパリに渡った洋画家たちの役割を検証するもので、笠岡市立竹喬美術館、稲沢市荻須記念美術館の3館による共同企画で、神戸会場ではM氏秘蔵コレクション70点を中心に3館の所蔵品を加えた約100点の作品が紹介されています。

特に荻須高徳氏の作品が多かったですね~
私は好きなので良かったです。
小磯良平氏も時代によって色んなタッチを描いていて、試行錯誤したのかなぁという感じがします。

大好きなエコールド・パリ時代を満喫しました~

チラシから作品をご紹介。

paris
チラシ

paris
『巴里風景』 梅原龍三郎 1965年

paris
『モンマルトルからの眺め』 荻須高徳 1950年

paris
『パリの坂道』 佐伯祐三 1927年

paris
『巴里風景』 小磯良平 1960年頃

paris
『市場』 児島虎次郎 1910-12年頃

paris
『アレクサンドル三世橋とフランスの飛行船』 長谷川潔 1930年

paris
『パリー風景』 鴨居玲 1968年

paris図録

後方頁に描かれた場所から2016年に撮影した写真も絵と照らし合わせて紹介されています。
日本と違って極端な変化はないような気がしましたね~

*展示は終了しています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 2017/02/22 (Wed)
    21:16
    こんばんは

    美術館に良く行かれますね~
    芸術がよく解らない僕ですが
    時には出かけてみようかな?
    写真撮影の構図にも生かせるかな?

    土佐けん #tHX44QXM | URL | 編集
  • 2017/02/23 (Thu)
    00:14
    No title

    こんばんは。
    近々引っ越しをするため、準備でご無沙汰の訪問です^^;
    しばらく予約投稿の日々が続きますが、またゆっくりお写真を見に来たいと思います♪

    美術館もここ最近行けてないです^^;
    ゆっくり見て回れる日が来るといいのですが。

    それにしても、このような催しは次いつ開催されるか分かりませんし、見に行けて本当に良かったですね(^o^)

    abutan部長 #- | URL | 編集
  • 2017/02/23 (Thu)
    11:13
    土佐けんさん

    20年程前に比べて美術館に来られる人は増えましたよ~
    海外旅行で美術館に行くからでしょうか。
    大きなカメラぶら下げてる方もおられます。
    構図の勉強にはなると思いますよ(^.^)

    *yoshimin* #- | URL | 編集
  • 2017/02/23 (Thu)
    11:16
    abutan部長さん

    お引越しですか!
    いよいよなんですね~♡
    きっとオサレなお部屋になるんでしょうね~

    美術館は落ち着かれたらゆっくりと訪れてくださいな。
    半年も経てば落ち着くんじゃないでしょうか(*^-^*)

    個人蔵の作品が沢山観れるのはホント貴重です!

    *yoshimin* #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する