ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

国立国際美術館まで行ってきました。
午後からの方が混んでるようだったので、開館直後に行くと空いていて観やすかったです。

アカデミア美術館所蔵などから選りすぐられた作品約60点によって、15世紀から17世紀初頭にいたるヴェネツィア・ルネサンス絵画が紹介されています。
巨匠ティツィアーノが手掛けた祭壇画『受胎告知』が日本初公開です。

なかなか日本では観れないルネサンス絵画を観ることができ、特にティツィアーノの『受胎告知』は圧巻です。
ヴェネツィアの風景を見ていると行きたくなります。。。
宗教画は難しい面もありますが、この時代の絵画はドラマチックに描かれているなぁと思います。
初めて観る者に感動を与えるのでしょうね~

購入したポストカードです。

venice
『聖母子(赤い智天使の聖母)』 ジョヴァンニ・ベッリーニ 1485-90年

venice
『父なる神のサン・マルコ広場への顕現(受胎告知三連画より)』 ボニファーチョ・ヴェロネーゼ 1543-53年

venice
『眠るヴィーナスとキューピッド』 パリス・ボルドーネ 1540-50年

venice
『聖母被昇天』 ヤコブ・ティントレット 1550年頃

venice
『悔悛する聖ヒエロニムスと天上に顕れる聖母子』 ヤコポ・バッサーノ 1569年

venice
『聖母子と聖ドミニクス、聖ヒュアキントゥス、聖フランチェスコ』 パルマ・イル・ジョーヴァネ 1595年


肝心のティツィアーノの『受胎告知』を買い忘れています・・・

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち
国立国際美術館
2016年10月22日~2017年1月15日
10:00~17:00(金曜~19:00)(入場は閉館30分前まで)
月曜・12/28~1/4休館(1/9は開館、翌日休館)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する