海龍王寺

十一面観音像の秋季特別公開に行きました


飛鳥時代に毘沙門天が祀られ、光明皇后の御願により天平3年(731)新たに堂舎を建立して伽藍を改めたことで海龍王寺となりました。



表門 室町時代



本堂 寛文年間(1665年頃)建立 市指定文化財


表門は市指定文化財になっています。


ご本尊は十一面観音菩薩立像(鎌倉時代・重文・)でこちらが今回の特別公開でした。
とても細やかな彫刻で、繊細でした。色彩も残っておりとても綺麗な仏像でした
他にも文殊菩薩像(鎌倉時代・重文)、愛染明王像(室町時代・市指定文化財)、不動明王像、毘沙門天像(平安時代末期〜鎌倉時代初期)が安置されています。



経蔵 鎌倉時代 重文




築地塀


周辺をブラブラしてみました



鶏頭が艶やかに咲いていました



  



ご朱印


2008年11月2日に訪れています


アクセス:近鉄奈良線「新大宮」駅
拝観時間:9:00〜16:30
拝観料:400円(特別公開時は500円)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する