没後100年 宮川香山

大阪市立東洋陶磁美術館まで行ってきました。
場所は中之島にあります。

miyagawa
外観

来よう来ようと思いながらタイミングが合わずやっと来れました。
空いているかと思いきや、けっこう人気で人が多かったです。

田邊哲人氏のコレクションを中心に展示されています。

テレビで拝見してからずっと観たかったんですよね~
沢山の作品が展示されていて、大満足でした。
特に観たかった蟹の花瓶、いや~~~すんごいですね~

一部、写真撮影可の作品もあり、SNSに投稿ヨロシクとのことでした。
のでその一部。

miyagawa
高浮彫鬼ニ白龍鷹大香炉 明治時代前期

miyagawa
高浮彫桜ニ群鳩三連壺 明治時代前期

ゴツっとした作品もあればシンプルで清楚な感じの作品もあり、特に緑地の作品は好みでした♡ 

ではチラシから作品をご紹介。

miyagawa
チラシ

miyagawa
高浮彫牡丹ニ眠猫覚醒蓋付水指 明治時代前期

miyagawa
褐釉高浮彫蟹花瓶 1881年 重要文化財

miyagawa
青華氷裂梅花文花瓶 1894年

miyagawa
黄釉銹絵梅樹図花瓶 1893年 重要文化財

miyagawa
高浮彫四窓遊蛙獅子鈕蓋付壺(一対のうち) 明治時代前期

miyagawa
釉下彩紫陽花図花瓶 1897年

miyagawa図録 

前期と後期で展示替えがあり、現在は後期です。

HPに割引券があるので印刷されるといいですよ。
他にもPITAPAやJAFカードなどでも割引があります。

「没後100年 宮川香山」
大阪市立東洋陶磁美術館
2016年4月29日~7月31日
9:30~17:00(入館は16:30まで)
月曜休館(祝日の際は翌日)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する