写真展 木村伊兵衛パリの残像

美術館「えき」KYOTOまで行ってきました。

いつも絵を主に観に行きますが、今回は写真展、パリということで観に行かなきゃっ!です。

1954年代のパリの町並みが約130点展示されています。

まだフィルムの時代ですね。
フィルムならではの味がある風合いとパリの様子が相まってなんかオシャレなんですよね~
伊兵衛氏の構図など勉強になります。
観ていて思ったのは、やはり人物が入っている方が絵になるんですね。
自分が撮ったら「こんなところに人がぁ…」って言いそうなのに、パリだと絵になるんですよね~
伊兵衛氏だから尚更素敵なんですけどね。
元々何気に人が入っている方が好きなのですが、あらためて人の入り方にも寄るんだなぁということと、見た目でフランスがやはり絵になる。。。と思いました。

購入したポストカードです。

kimura「古い街」パリ 1954年

kimuraパリ 1954年

kimura「ノートルダム寺院」パリ 1954年

kimuraパリ 1954-55年
紳士?それとも貴婦人でしょうか?

kimura「ミラボー橋」パリ 1955年

kimura
「デュプレクス地下鉄高架駅」パリ 1955年

kimura
「夕暮れのコンコルド広場」パリ 1954年

kimura「霧の日」パリ 1954-55年

霧シリーズがとても情緒があり、好きでした


写真展 木村伊兵衛パリ残像
美術館「えき」KYOTO
2016年4月1日~24日
10:00~20:00(入館締切19:30)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 2016/04/11 (Mon)
    20:40
    こんばんは♪

    木村伊兵衛写真展に行かれましたか。
    「パリ」
    オシャレですね!!
    木村伊兵衛氏のセンスか?パリ自体がオシャレか?ですが・・・。
    人物が効果的に入っていますね。
    煩くならず・・・。

    私は以前、都内で、「木村伊兵衛展」を見たことあります。
    モノクロで、東京の下町の人々のスナップでした。
    氏はライカが愛機でしたね。

    梅サクラ #zwRScLrQ | URL | 編集
  • 2016/04/12 (Tue)
    16:18
    梅サクラさん

    オシャレなパリが伊兵衛氏のセンスにより
    尚いい感じになっていつと思います(*^-^*)
    ただ、この当時のパリは汚いので
    切り取りが上手いのだと思うのですよね~

    東京の下町ですか!それも良さそうですね!
    使用されていたライカは展示されていました。
    ニコンも一緒に展示されてます。
    大きな一眼カメラではないのですね。

    *yoshimin* #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する