美の発見~日本画の冒険者たち~

奈良にある松伯美術館まで行ってきました

ここの美術館は初めて訪れます。

京都国立近代美術館の所蔵品を中心に明治・大正・昭和と活躍した画家たちの作品が展示されています。

上村松園の美人画は本当に美しいです

繊細な上に立体的に見えたりする部分もありと感心してしまいます。

チラシから作品を紹介します。

shohaku
チラシ

shohaku
「虹を見る」 上村松園 1932年

shohaku
「池」 徳岡神泉 1952年

shohaku
「訶梨帝母(かりていも)」 堂本印象 1922年

shohaku 
「朱唇(しゅしん)」 菊池契月 1931年

shohaku
「白蓮図」 榊原紫峰 1928年

shohaku
「鳥のいる作品」 麻田鷹司 1953年

shohaku
「野火」 吉岡堅二 1975年

shohaku図録


「美の発見~日本画の冒険者たち~」
松伯美術館
2015年10月6日~11月29日
10:00~17:00(入館~16:00)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/11/26 (Thu)
    21:43
    こんばんは

    美術館とかお好きなんですよね^^
    僕はどうも画が解らないんですよ(^^;
    美的感覚がないのでしょうか?
    助手は日本画が好きみたいで、
    一生懸命見ています^^

    土佐けん #tHX44QXM | URL | 編集
  • 2015/11/27 (Fri)
    17:03
    こんにちは(*^_^*)

    *yoshimin*さんは本当に芸術を堪能されてますね~

    私・・とても勉強になります
    ありがとうございます(_ _)

    上村松園さんの絵
    お顔も、もちろんお美しいですが
    着物と帯の組み合わせが
    なんともステキだなぁ。。と
    見入ってしまいました(〃'▽'〃)

    *ふらんそあ* #- | URL | 編集
  • 2015/11/27 (Fri)
    20:20
    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    # | | 編集
  • 2015/11/28 (Sat)
    10:49
    土佐けんさん

    お返事が遅くなりスミマセン<m(__)m>

    美術館は大好きですね~なんか、癒されるんです(*^-^*)
    画は知ろうとしなくていいと思うんです。
    私はぼーっと眺めてこの絵は好きとか好きじゃないとか
    それくらいの感覚でしか観て無いです。
    あとは撮影時の構図の参考になるのですよ。
    なんとなく頭に入っていて、無意識に構図をとっているみたいな(笑)

    難しく考えないで観る方が楽しいと思います~(^ω^)

    *yoshimin* #- | URL | 編集
  • 2015/11/28 (Sat)
    10:52
    *ふらんそあ*さん

    へぇ~芸術の秋どす~(笑)

    着物と帯ですよね!本当に美しいですよ~♡
    実際の着物を観るのも好きですが、絵画も素敵です(*^-^*)
    その時代に流行った柄なんかが分かったりするんですね~
    また観たいです♪

    *yoshimin* #- | URL | 編集
  • 2015/11/28 (Sat)
    10:54
    鍵コメさん

    イタリアから日本へ帰国しましたよ(笑)
    もっともっと観たいのがあるんですけども
    全部は無理ですね~(笑)
    松園の美人画まだご覧になってないのですね。
    機会あれば是非!観てくださいね!
    本当に美しいですよ~(*'ω'*)

    *yoshimin* #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する