レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展

連休前に友人RとPと三人で初めて美術展に行ってきました
場所は京都文化博物館です。

Pは最近芸術に目覚めたようでちょくちょく観に行ってるようなのですが、Rは全くの初めて。
にしてはちょっと難しかったかも…

でも一生懸命観ていたので目覚めたかなぁ


因みにRとPは中学時代からの友人で、30年以上の付き合いになります

あっ、年齢がバレル


レオナルドが描いた「タヴォラ・ドーリア」とミケランジェロが構想した壁画を模写した作品「カッシナの戦い」共に日本初公開され、アンギアーリの戦いに関係する作品・資料が展示されています。

アンギアーリはイタリア、フィレンツェから列車で南東へ約1時間の場所にある丘陵地帯の高台にある城壁に囲まれた町。

1440年、アンギアーリ村でフィレンツェ共和国とミラノ公国の争いが勃発。
この地にある橋をめぐって熾烈な戦いが展開され、フィレンツェ軍はミラノ軍の攻撃を返り討ちにし勝利。
この栄光を後世に残そうとフィレンツェ共和国の行政長官ピエロ・ソデリーニは1503年、レオナルドに戦勝画の制作を依頼。

フィレンツェ政府は、権力と栄華の象徴ともいえる五百人広場の大壁画を二人の芸術家に競わせ、見事な戦勝画で飾りたいと企て、ミケランジェロにフィレンツェ軍がピサ軍に対して勝利した「カッシナの戦い」を依頼。
しかし、ミケランジェロは教皇ユリウス二世の霊廟造りに召喚され、制作を中断。
世紀の対決は実現することなく500年の歳月が経過。

(購入した冊子より抜粋)

今回の展示により実現となったんですね~


ポストカードの種類が少なく、2枚だけ購入。

leonardo
「タヴォラ・ドーリア」(アンギアーリの戦いの軍旗争奪場面)
作者不詳(レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく) 16世紀前半

leonardo
「カッシナの戦い」(ミケランジェロの下絵による模写)
アリストーティレ・ア・サンガッロ(本名バスティアーノ・ダ・サンガッロ) 1542年

leonardo冊子

図録もあったんですが、500円(税抜)だった冊子を購入しました。

フィレンツェにまた行きたくなりました~

巡回
東北展・・・宮城県美術館2016年3月19日~5月29日

*京都での展示は終了しています。

レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展

関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/11/25 (Wed)
    16:57
    No title

    数十年来の旧友の皆さんでの鑑賞はまたひと味違ったのでは?(^^)
    僕らの周りは美術に関心が無かったり、好みが分かれてたり騒がしかったりで、なかなか一緒に行くことはありません(笑)

    楽しめたようで何よりです(-▽-)

    abutan部長 #- | URL | 編集
  • 2015/11/25 (Wed)
    17:07
    abutan部長さん

    もう一人いてるのですが、パスして参加しなかったんですが、
    この三人は呑兵衛で、私だけいつも素面なんですよ(^-^;
    夜ばかりの集合なので病気してからは私はずーっとパスしてました。
    だから私の参加は久々なんです。
    こんな昼に出かけるのは私と一緒じゃないとなかったと言ってましたねぇ
    これからはお出かけが増えるかもです(^.^)

    *yoshimin* #- | URL | 編集
  • 2015/11/25 (Wed)
    21:15
    こんばんは

    中学以来のお友達と行かれたんですね^^
    旧友って言うのは良いですよね!
    僕は高知を離れて数十年、学生時代の友達と
    会うことは殆どないです。
    久しぶりに会いたいな、と思ってしまいました^^

    土佐けん #tHX44QXM | URL | 編集
  • 2015/11/26 (Thu)
    13:57
    土佐けんさん

    長く会っていなくても学生当時のようになれるのが
    旧友の有難さだなぁと思います(*^-^*)
    他府県だとなかなか会えないですよね。。
    大阪に住んでいても各人の生活があるので
    会えないです。
    旧友と会えるといいですね(*'ω'*)

    *yoshimin* #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する