桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち

2日続けてアート鑑賞です。
こちらは京都国立博物館まで行ってきました


朝10時前到着で、人気だろうと人が多いのを覚悟していたのですが、割と空いていたので観やすかったです。
やはりGWに多いのかもしれないので、関西の方はお早めに~

狩野派の慶長年間前後に着目し、永徳没後、「豪壮」から「華麗」へ、さらに徳川家に対応すべく「瀟洒淡麗」へと画風を変えていく過程を永徳の後継者たちの作品を辿り展示されています。

屏風作品が多いのですが、「第四章にぎわいを描く」の屏風たちはなかなか良かったです。
特に、珍しいなぁと思ったのは「調馬・厩馬図屏風」です。
お馬さんが沢山描かれている屏風というのは初めて観る気がしました。
前期のみの展示のようですよ。

いつも観ると悲しくなるのが「犬追物図屏風」です。
ワンちゃんが可哀想になるんですよね…昔はこんなことしてたんですねぇ…
実際には射てないとしても当たったら痛いですよね…

では購入したポストカードです。

kanoha 
「唐獅子図屏風(部分)」 狩野山楽 4曲1隻

kanoha 
「四季花鳥図屏風(左隻・部分)」 州信印 6曲1双

kanoha 
「豊臣秀吉像」 狩野光信 重要文化財

kanoha 
「松に孔雀図壁貼付・襖(部分)」 狩野探幽 6面 重要文化財

4月28日から後期になります。


桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち
京都国立博物館・明治古都館
2015年4月7日~5月17日
9:30~18:00(金曜~20:00)
入館は閉館の30分前まで
月曜休館(5月4日は開館)

博物館の敷地内を散策します


hakubutukan
 平成知新館

「狩野派・・・」のチケットで知新館の展示作品も観れますよ

西の庭へ行ってみます

hakubutukan
まだ桜が咲いていました

hakubutukan
八重も咲いてます

hakubutukan

hakubutukan

あまり人がいないので寂しげに咲いてる感じがしましたねぇ

(2015.4.12)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/04/19 (Sun)
    00:55
    No title

    なんと美術館の外に良い景色とは・・!
    一度で2度おいしいお得な感じでしたね(^^)

    最後から2番目の写真、迫力があってとてもいいですね♪
    天気もGOOD!

    abutan #- | URL | 編集
  • 2015/04/19 (Sun)
    14:24
    abutanさん

    ここの美術館はお庭があるので季節により
    お花が楽しめたりします(*^-^*)

    押し迫ってくる迫力があったので写真で表現できるか
    分かりませんが撮ってみました(^.^)
    お天気は良かったんですが、ちょっと寒かったです(^^;)

    *yoshimin* #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する