印象派の巨匠 ピサロ展

美術館「えき」KYOTOで「ピサロ展」が催されているので行ってきました


今回の展示品はカミーユ・ピサロ以外にもピサロの息子や孫、コロー、ミレー、ドービニーやクールベ、マネ、ルノワールの作品も展示されていました。



「エラニー教会」 リュシアン・ピサロ 1886年



「チュイルリーの庭園、雨天」 カミーユ・ピサロ 1899年



「窓からの眺め、エラニー=シェル=エプト」 カミーユ・ピサロ 1888年



「ヘミクセムの眺め」 フェリックス・ピサロ 1894年



「モンフェルメイユ、森の小川」
J・B・カミーユ・コロー 1867年


他にも沢山綺麗な絵がありました癒しの空間で良かったです



図録


会場:美術館「えき」KYOTO ジェイアール京都伊勢丹7階
会期:2008年8月30日〜10月5日
開館時間:10:00〜20:00
入館料:900円


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する