清水坂・五条坂の寺院

清水寺をあとにして清水坂を通ってみることに
小さなお寺が数箇所あり、詳しくわからない寺院もありました。



清水坂




宝徳寺


宝徳寺は清水寺一山の無常寺として慶長13年(1608)玉圓上人が建立しました。ご本尊は厄除阿弥陀如来で他に魚藍観世音菩薩を安置しています。



大日堂(真福寺)


詳しいことは全くわからないのですが、ご本尊は大日如来坐像(重文)で高さ2.3mもあります。大きかったです



経書堂(来迎院)


経書堂(きょうかくどう)は聖徳太子の創建といわれていて、16歳の太子像をご本尊としています。他に阿弥陀如来・勢至菩薩・観音菩薩が安置されています。


五条坂に入ると安祥院があるので寄ってみます。



木食寺安祥院


もとは乙訓郡にありましたが享保10年(1725)木食正禅養阿上人が現在の地に再建されました。



本堂


本堂にはご本尊の阿弥陀如来像が安置されています。拝観は声をかければ開扉してくださると思います。六阿弥陀めぐりのひとつ。



日限地蔵堂


日限(ひぎり)地蔵は日限さんと親しまれていて、一定の日限を切って願い事をすると開運・厄除け・安産などにご利益があるそうです
他に石造不動明王像も安置されています。


 
ご朱印



2008年9月7日に訪れています


アクセス:市バス「五条坂」下車
安祥院拝観時間:8:00〜17:00


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する