熊本の旅3日目 山鹿千人灯籠踊り

山鹿小学校の近くに灯籠を奉納する大宮神社が御鎮座されています。
まずはお参りを先にしましょう

この旅行の計画立てたのも、この千人灯籠踊りあってのことだったんですよね~
16日と日が決まっていて、今年は土曜日!
旦那の会社も休みにするんじゃなかろうかと。
この機会を逃せばまた数年後…絶対観たい
で決行となったわけざんす。

yamaga 
大宮神社

では山鹿小学校のグラウンドへ

yamaga
山鹿小学校グラウンド

特別観覧席を事前購入しました。
座席指定になっているのでゆったりと鑑賞できます。
といってもベンチ椅子ですが
足や腰を痛めてる方は小さめの座布団など持参がいいかも…

カメラやビデオ撮影される方には三脚使用可立見席(最上席)もありますよ~

無料で鑑賞できる場所もありますが、高さが平面なので綺麗な踊りを観るには観覧席の方がいいと思います。
1席3000円とちょっとお高めですが
他にも3名マス席10000円、6名マス席20000円があります。
詳しくはこちらでご確認くださいね。

yamaga
団扇を頂きました

yamaga
太鼓の演奏が始まりました

yamaga
ゾロゾロと灯籠娘たちが入ってきましたよ~

yamaga
謡てさんたちも待機中

yamaga
いよいよ始まります

その昔、菊池川一帯に立ち込めた深い霧に進路を阻まれた景行天皇のご巡幸を山鹿の里人たちが松明を揚げてお迎えしました。
以来、里人たちは天皇を祀り、毎年松明を献上したのが始まり。
室町時代になり、和紙で作られた灯籠を奉納するようになったと云われています。


千人の灯籠娘が集合すると圧巻です
めちゃくちゃ綺麗です~

yamaga
灯籠娘たち

yamaga
ライトの色が変わってまた綺麗~~~

中央に座っておられるのが、景行天皇役のお方です。

動画撮影もしたので宜しければご覧くださいね。
ちょっと長めですが
ブレてますので酔わないようにお気を付けくださいませ



よへほ節

ぬしは山鹿の 骨なし灯籠 よへほ よへほ
骨もなければ 肉もなし よへほ よへほ
洗いすすぎも 鼓の湯籠 よへほ よへほ
山鹿千軒 たらいなし よへほ よへほ
心あらせの 蛍の頃に よへほ よへほ
とけし思いの しのび唄 よへほ よへほ

山鹿灯籠は 夜明かしまつり よへほ よへほ
町は灯りの海 人の波 よへほ よへほ
(歌詞抜粋)


《よへほの意味・由来》

元唄は男女の逢瀬・呼び合いを歌った土俗風のものでしたが、明治から大正にかけて座敷唄へ、その後酒造り唄へと転用されたと考えられます。
昭和の初め野口雨情が改詞したものが今の「よへほ節」。
「よへほ」はその囃子詞。
一説には「酔へ+ほ」ではないかと言われ、「ほ」は肥後弁特有の相手の気を惹いたり注意を促す場合の「ほー、ほー」で、「酔へ」はこの踊りを見て「あなたもお酔い」、合わせて「あなたもお酔いよ、ホラッ」といったニュアンス。


京都の三十三間堂に安置されている千体観音像がお好きであれば観て頂きたいですね~
本当に感動しました
写真や動画では表現できない美しさです。
やはり生がいいですな~~~

と踊りが終わり、戻るとしますかぁ

yamaga 
町中の灯籠も点灯しています

yamaga
お祭り広場でも

まだお祭り広場ではこうして踊っておられました

お祭り広場だと15日・16日ともに18時半頃からこうして踊っています。
旦那いわく、「明るいうちに観るのが風情があってよかと、見せたかばってん」とのことです
今回は明るい時間帯には観れなかったですが、大満足です


yamaga
道中で

壺のようなものの蓋の絵柄が気になり寄ってみると欲しくなり購入しました。
買ったのは根菜ポットで、ニンニクや生姜を一緒に入れて常温保存で3か月は持つそうです。
どこの窯で焼かれてるのかと思ったら奈良でした
それも清水焼とな、めっちゃ関西
奈良の工房に行ってみたいな~

「宝泉窯(ほうせんよう)」
奈良県宇陀市大宇陀上新1909
0745-83-0883



yamaga
八千代座近辺

偶然、義弟たちとバッタリ遭遇
灯籠踊りを観ていたようです。

次回の再会を楽しみにバイバイです

翌日、朝一の便で大阪へ
熊本の旅はここまでです。長らくありがとうございました~

(2014.8.16)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 国内旅行 | ジャンル: 旅行

コメント

  • 2014/10/09 (Thu)
    10:27
    No title

    お早うございます。

    なんだかもの凄い催しですね!
    このためにスケジュール調整したというのも頷けます(^^)
    迫力のある太鼓だったり幻想的な灯りだったり休まる隙がないですね(笑)

    確かに肉眼で見るのが一番凄いんでしょうね^^
    行きたいのが多すぎて、どのお祭りから攻めるか迷っちゃいます!
    ここに来てまた迷いのタネが一つ増えました(^o^;)

    abutan #- | URL | 編集
  • 2014/10/13 (Mon)
    13:39
    abutanさん

    旦那が子供の頃はこんなにイベント化してなかったそうです(^-^;
    まぁ、でも綺麗ですし、町が盛り上がっていいのではと思います。

    期待していた以上に綺麗だったので本当に感動しました(*^-^*)
    一度は観ておきたかったので決行して良かったです♪
    個人的には文化財に値すると思うのですが。

    確かに観たいお祭りって沢山ありますよね。
    ねぶた祭りも一度は観ておきたいです!

    *yoshimin* #- | URL | 編集
  • 2014/10/14 (Tue)
    00:10
    きれいだよ~。

    こういうお祭りがあったんだ、知らなかった。
    髪を高々と結ったり、頭上に何かをのっけたりすると、
    姿勢がすごくよくなるんですよねー。
    バリのおばちゃんなんか、頭にごっつい荷物乗せて歩きはるから、
    すーっと背筋が伸びて、かっこいい。
    この女性たちも、みな、背筋がまっすぐで実に美しい^-^
    踊り子さんも囃子方さんも、子供の頃から練習するんでしょうね。

    ご主人、思わず九州弁が出ちゃう楽しいご旅行だったのでしょう。
    私、そもそも九州出身だから、あのイントネーション、大好き(笑)

    機内食のランチ、悩むところだなぁ(笑)
    アレ、海外に行くどー♪ってノリで食べてるから^^;;
    でも、中国南方航空のんだったら、絶対!に注文しない、ノリがあっても食べられなかった(笑)

    くり乃々 #- | URL | 編集
  • 2014/10/14 (Tue)
    12:13
    くり乃々さん

    そうなんです、こんなお祭りがあるんですよ~
    まだまだメジャーじゃないですねぇ
    山鹿よ頑張れ~~~!

    頭から落ちないように気をつけるので姿勢がいいのでしょうね(^.^)
    灯籠は和紙なので非常に軽いと思います。
    でもやっぱり気になるでしょうね(^-^;

    東南アジアの女性は偉いですよね~
    男性より働いてますし、頭に重たいもの載せてるし…
    私もよぉあんなに重そうなの頭に乗せれるなぁと感心します。

    実は、、、踊り子さんは子供の頃からとかじゃなくても
    踊れるんです!
    毎年踊り子さん募集があります。
    山鹿に住んでたら踊ってみたいかも(∩´∀`)∩

    熊本にいてると私のイントネーションが変になるんですよね…
    変に訛ってくる(笑)

    海外にもう行くことないだろう母を喜ばすために連れてったっていうのが
    本来の目的だったんですが、本人は食べずで…
    私もいつ海外旅行できるかわからないし、もう無理かもしれないので
    食べときました(笑)

    *yoshimin* #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する