コレクションにみる洋画の時代

兵庫の西宮市大谷記念美術館まで行ってきました

こちらの美術館が所蔵されているコレクション形成史をたどりながら、およそ100年にわたって展開された洋画の歴史が紹介されています。
第1章「大谷コレクションの時代」、第2章「エコール・ド・パリと日本の近代」、第3章「阪神間の洋画家たち」、第4章「洋画を超えて」と展示されています。

ほとんど知らない画家さんばかりで目新しい感じがしました
特に、第4章では、現代アートへと変化していくのですが、なかなか面白かったです
今までは現代アートは難しく足が向かなくて、避けていたんですが、今回は初心者にも楽しめるような作品だったと思います。

小磯良平氏の「ギターを弾く男」は観た瞬間「上手っ」と思いましたね~
やはり名の知れた人は絵が上手いですなぁ
旦那も同じこと言ってました

購入したポストカードです。

ootanikinen
「朝の大塚画廊」 小松益喜 1938年

ootanikinen
「ロードローラー」 渡辺一郎 1959年

ootanikinen
「雪の変電所」 岡鹿之助 1964年

ootanikinen
「ヴェネツィアのカ・ドーロ」 ベルナール・ビュッフェ 1962年

「コレクションにみる洋画の時代」
西宮市大谷記念美術館
2014年4月5日~5月25日
10:00~17:00(入館~16:30)
水曜休館


建物周囲のお庭を巡ってみました
前回と季節も変わってないかも…

ootanikinen
こちらから

ootanikinen
ハタケニラ

沢山咲いていましたけど、迷惑なお花みたいですねぇ

ootanikinen
ユキノシタ

可愛らしいお花ですね

ootanikinen

芍薬が綺麗に咲く前に傷んでしまっているような感じでした…
水不足なような気も…

ootanikinen
ゴクラクチョウカ

名前の通りのお花ですよね~
鳥さんみたいです

ootanikinen

ootanikinen
メキシコマンネングサ

ootanikinen

ootanikinen
唯一綺麗だった芍薬

ootanikinen
一周して出てきました

ootanikinen
これって柘榴ですよね?

以上で散策終わりです~
この後、別の場所へ沢山のお花を愛でに行きました
記事に出来るのはまだ先になりそう…
関連記事
スポンサーサイト
blogramのブログランキング

コメント

  • 2014/05/19 (Mon)
    20:57
    No title

    現代アート、最近好きになりました~
    でも知らない画家だと、鑑賞するのが難しそうですか・・

    ポストカードすてきですね~
    お手紙書くのが楽しくなりそうです(*^_^*)

    トコトコさとこ #- | URL | 編集
  • 2014/05/20 (Tue)
    09:51
    トコトコさとこさん

    現代アートは何を表現したいのかイマイチ解らず
    なのでアーティストを知らないですねぇ

    ポストカードで、渡邊一郎氏やベルナール・ビュッフェ氏は
    オシャレな感じでしたよ。
    レストランなどに展示されていたらセンスがいいなぁと思いますね~(*^-^*)

    *yoshimin* #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する