ターナー展

昨日の土砂降りの時に神戸市立博物館まで行ってきました

空いているかなぁと思っていたのですが、結構来館されていました。
皆さん同じ考えなのでしょうか

ロンドンのテート美術館から油彩画30点以上と、水彩画・スケッチブックなど計113点が紹介されています。

ターナーだけを観るなんて展覧会は珍しいですよね。
水彩画で光を表現しているのには凄いなぁと感心。
印象派の先駆けって感じですね~
私の好きな、遠くを見渡せる風景画が多くて楽しめました

購入したポストカードです。

turner 「ターナーの自画像」
W.ホウル(子)による版画 1859-61年

turner 
「セント・ジョン村からハモウズの入江を望む、コーンウォール」 1813年

turner 
「イングランド:リッチモンド・ヒル、
プリンス・リージェント(摂政王太子)の誕生日に」 1819年

turner 
「ヴァティカンから望むローマ、ラ・フォルナリーナを伴って
回廊装飾のための絵を準備するラファエロ」 1820年

turner 
「チャイルド・ハロルドの巡礼ーイタリア」 1832年

turner 「レグルス」
1828年 1837年加筆

turner 
「サン・ベネデット教会、フジーナ港の方角を望む」 1843年

turner 「平和ー水葬」
1842年

絵のタイトル、長いです…

ターナー展
神戸市立博物館
2014年1月11日~4月6日
9:30~17:30(土・日~19:00)入館は閉館の30分前まで
月曜休館
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する