美の跫音 ~1952年のパリ・ローマ・フィレンツェ~

日曜日、京都にある堂本印象美術館へ行ってきました

京都はすっかり雪景色
その様子は別記事にて

「美の跫音(あしおと)」と同時に「浅井忠の眼~パリの街角を飾ったポスター~」というのも開催されています。

「美の跫音」では堂本印象が、ヨーロッパの風景を題材にした瀟洒な素描、ペン画、油彩画を中心に、現地の芸術体験を糧に制作した帰国後の作品をあわせて展示されています。

展示は前期と後期に分かれています。

年代で絵のタッチが変化しているのが面白いですね~
キュビズムへと変化しているような感じでした。

購入したポストカードです。

binoashioto 「コンコルド広場」
1952年 『美の跫音』挿絵

binoashioto 「メトロ」 1953年

binoashioto 「疑惑」 1954年

「浅井忠の眼」では、浅井が京都高等工芸学校図案科の教材用にパリから持ち帰ったポスターを中心に展示されています。

大好きな19世紀頃のポスターが観れるので楽しみにしていました
初めて観るデザインもあり、ワクワクしちゃいました

binoashioto 「“流浪の芸術家”/ムーラン・ルージュ」
1897年 ローデル・オーギュスト


このポスターが一番好きでした
ポストカードが最後の1枚になっていてセーフって感じです

binoashioto 「第3回仮面舞踏会/オペラ座」
1895年 ムニエ・ジョルジュ

binoashioto 「イヴリー酒店 ワイン・ビール・シードルなど」
1895年 ギョーム・アルベール=アンドレ


デザインの勉強されている方にお薦めで~す

「美の跫音~1952年のパリ・ローマ・フィレンツェ」
京都府立堂本印象美術館
2013年12月4日~2014年3月30日
9:30~17:00(入館~16:30)
月曜休館
関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 2014/01/20 (Mon)
    22:40
    恥ずかしながら・・・。

    堂本印象って、こういう絵なんだ!!
    知らんかったーーーー!!
    私、観たことなかったのー。
    京都の美術館は知ってたけど、何となぁああく伝統工芸家かと…^^;;;
    ま逆ね。
    キュービズムでルオーっぽくもある^-^
    でも、色彩が明るいのね。
    *yoshimin*さんのご趣味なのかな?
    でも、一番上のコンコルド広場は、かなり好きです。
    今度、ちゃんと調べます、いやぁ、知らんかったわー、有難うございます。

    窓の大きそうなカフェ、好き。
    川がみえてるんですね、きっと、扉を開けた瞬間、ふわぁと良い香りがしそう^-^

    くり乃々 #- | URL | 編集
  • 2014/01/21 (Tue)
    16:33
    くり乃々さん

    私も堂本印象の絵をじっくり観たのは今回が初めてです(^o^)
    日本の画家さんのことはホント知らないので
    まだまだ未知の世界です。

    好み的には…特には…
    くり乃々さんと同じくコンコルド広場の挿絵は好きです(^^)
    他にもベニスの挿絵もあったんですが、残念ながら
    ポストカードはなかったです。

    滅多に行けないヨーロッパ。。。
    絵で楽しんでます(笑)

    *yoshimin* #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する