皇室の名品 ~近代日本美術の粋~

京都国立近代美術館まで行ってきました

連休だったので皆さん紅葉を観に行っておられるようで、美術館は比較的空いていました

代々の皇室に引き継がれてきた美術品群が国に寄贈されたことを受け、平成5年(1993)に開館した宮内庁三の丸尚蔵館が所蔵する美術工芸品を中心に、近代以降の作品約180点を6つの章に分けて紹介されています。

どれもこれも本当に素晴らしい作品ばかりでした
滅多にお目にかかれない美しい作品。。。
感動しっぱなしです
特に惚れ惚れしたのが、髙島屋呉服店「閑庭鳴鶴・九重ノ庭之図刺繍屏風」です。
これは実際に観て頂きたいのですが、美しいの一言です。
魂がこもっているなぁと感じますし、ずーっと観ていたかったです
あと、「大饗の義」で使用された今尾景年の「錦軟障(高松軟障)」も展示されていたのですが、大正天皇・昭和天皇そして今上天皇と、この軟障の前で御大礼をされてきたのかと想うと、感動しかありません

前期と後期に分かれているのですが、後期も観たい。。。

リーフレットの中の作品の一部(前期)を紹介しますね。

koushitsu
リーフレット 中開き

koushitsu 「菊貼付香炉」
十二代 沈寿官 1893年
花龍図を過剰なまでに装飾性を高めて立体化した作品。

koushitsu kousitu6.jpg
綴錦「百花百鳥之図」壁掛 二代 川島甚兵衛 1905年
明治38年、ベルギーのリエージュで開催された万国博覧会の折、日本式室内装飾の壁面壁張として制作され、本来は四方四枚あったが、うち二枚は焼失。

kousitu9.jpg 「孔雀之図」
荒木寛畝 1890年
明治23年の第三回内国勧業博覧会で二等妙技賞を受賞し、宮内省に買い上げられた作品。

kousitu7.png 「蘭陵王置物」
海野勝珉 1890年
明治23年の第三回内国勧業博覧会で一等妙技賞を受賞し、宮内省に買い上げられた。
舞楽の「蘭陵王」を表現。

kousitu8.png 「七宝四季花鳥図花瓶」
並河靖之 1899年
明治33年のパリで開催された万国博覧会に出品された。

koushitsu 「菊蒔絵螺鈿棚」
川之邊一朝、海野勝珉、六角紫水ほか 1903年
明治25年に宮内省は明治天皇の勅裁のもとに棚、太刀拵、短刀拵の三点の制作を計画、図案を東京美術学校に依頼、藤岡注多良、後の六角紫水の図案が採用された。
蒔絵は川之邊一朝とその門下11名、螺鈿は片岡源次郎による。
銀製の金具は海野勝珉が担当した。


koushitsu koushitsu
竹内栖鳳 「主基地方(香川県)風俗歌屏風(大正度)」 1915年
天皇の即位に伴う諸儀式の中に大嘗祭と呼ばれる祭儀があり、その後、節会という宴が催され、三日目の豊明節会で欠かせないものが、選ばれた悠紀国・主基国の名所景勝地を和歌と共に描き表した屏風である。
六曲一双され、大饗の場で天皇の御座の左右両脇に立てられる。
悠紀国は京都よりも東側、主基国は西側から選ばれる。
大正期は悠紀地方は愛知県、主基地方が香川県と定められた。


kousitu10.png 図録

貴重なものを観ることができて感動でした~

皇室の名品 ~近代日本美術の粋~」
京都国立近代美術館
2013年11月9日~2014年1月13日
9:30~17:00(入館は~16:30まで)
月曜(12月23日・1月13日は開館)、12月10日・24日・30日~1月2日休館
関連記事
スポンサーサイト
blogramのブログランキング

コメント

  • 2013/11/27 (Wed)
    00:44
    紅葉見物

    こんにちは=。
    ちょうど今、同僚が京都に学会に行っていて、東福寺を訪ねたそうですが、紅葉はきれいだったけれどものすごく込んでいた、と。

    こういうときは逆に、博物館などはゆったり見学できるのですね、参考になりました♪

    マドモワゼル・ヒロコ #SqqDYOM2 | URL | 編集
  • 2013/11/27 (Wed)
    13:57
    マドモワゼル・ヒロコさん

    東福寺は大変だったようですね^^;
    テレビに映ってましたが、朝から開門待ちですごい行列…
    今年は昨年に比べて観光客が多いような気がします。
    私も美術館のあと、紅葉を観に行きましたがそこもすごい人でした…
    まだマシかもしれないですが。

    *yoshimin* #- | URL | 編集
  • 2013/11/29 (Fri)
    17:03
    行きたいんですのー、これ。

    皇室に納めるお品、となれば、ごっつい!
    気合いが入ってそうな気がするんです(笑)
    御用達になれば宣伝になる、という欲よりも、採算度外視で、
    心地よくお使いいただこうと、職人さん達が精根こめて作り上げそうな^-^
    そんな安寧の祈りが込められたお品、見るだけで、
    気持ちよく過ごせそうです。

    お正月までやってるんだ、行こうかな。
    混んでそうだな・・・。

    佐保川の桜、とってもきれいなんですってね。
    近くに住んでる方は、毎年、行くって仰ってましたよ。
    圓城寺、柳生街道を歩いたとき、行ったかな?と
    思いながら、写真みて、思い出しました。
    紅葉もない閉門前だから、ほんまに山寺~って感じでした^^;;

    くり乃々 #- | URL | 編集
  • 2013/12/01 (Sun)
    13:54
    くり乃々さん

    気合い入ってるでしょうね~緊張もされたでしょう。
    皇室に献上されるということは正倉院展のように
    1000年後の人たちにも鑑賞されているかもしれないと思うと
    すごい事ですよね!
    きっと欲なんてなかったと思います!
    お時間があれば是非観に行ってくださいね!

    佐保川の近くにお知り合いがおられるんですね。
    あちこちに桜を観に行く必要がないですよ~
    桜の季節がきっと待ち遠しいでしょうね~(^^)

    柳生街道歩かれたことあるんですね!
    本当に色んな所へ行かれていますね!
    冬の雪景色も綺麗でしたよ。
    お食事処に写真がありました(^^)

    *yoshimin* #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する