第65回正倉院展

奈良国立博物館まで行ってきました

色々美術展に行っていますが、正倉院展はお初になります
人の多さが恐怖でして・・・
今回は雨降る夕方にしてみたのですが・・・
考えることは同じなのか、人多かったです
当日、NHKの日曜美術館で紹介されたから尚更かも・・・

博物館周辺はどこも満車
仕方なく、春日大社駐車場へ停めました
博物館まではちょっと歩きますよ
この時季、暗くなるのも早くなり、帰りは暗~い道を駐車場まで歩きました
怖がりの人は夕方からここに停めるのはやめておきましょう

shosoin
色づいてきました

shosoin
雨もいいかも

今年は平螺鈿背円鏡(へいらでんはいのえんきょう)や漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)といった品をはじめ、調度品・楽器・伎楽面・遊戯具・仏具・佩飾品・年中行事品・文書など66件が展示されています。

こんな古いものがよくこれだけ綺麗に残っているなぁと感心するばかり。。。
悠久を感じますね~

購入したポストカードですが、バラ売りはしていませんでした。
8枚セットで300円とかなりお安いカードも綺麗
よくある美術展なら1枚105円ですよねぇ

shosoin 
「平螺鈿背円鏡」

shosoin 
「鳥毛帖成(とりげじょうせい)文書屏風」

shosoin 
「鹿草木夾纈(しかくさききょうけちの)屏風」

shosoin 
「投壺・投壺矢」

shosoin 「漆金薄絵盤」

shosoin 「漆金薄絵盤(部分)」

shosoin 「蘇芳地金銀(すおうじきんぎん)絵箱」

shosoin 「花喰鳥(はなくいどりの)刺繍裂残片」


「漆金薄絵盤」は間近で観たい人は列に並びますが、遠目でも構わない人は並ばずに観ることが出来ます。
私たちは初めてなので列に並びました。

第65回正倉院展
奈良国立博物館
2013年10月26日~11月11日
9:00~18:00(金・土・日は~19:00まで、入館は閉館30分前まで)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 2013/11/06 (Wed)
    16:53
    No title

    昔、見たときに、衣装や緋毛氈まで、大事に大事に残したんだなぁ
    その事に感動しました。
    ただ残ったんではなく、保管して大事に残した。
    日本には「宝物」がないのか、とも思いましたが(笑)
    薄絵盤は蓮台、かな??
    文様が、美しい!
    投壷って、その中に矢を放り込む遊び道具だったんでしょうねぇ。
    こういうの見てると、想像でわくわくします^-^
    鹿の屏風は奈良絵の雰囲気^-^

    奈良って、夜が早いような気がする・・・。
    17時前には閑散とするし、暗くなっての奈良公園はイヤですねー(笑)

    くり乃々 #- | URL | 編集
  • 2013/11/06 (Wed)
    18:29
    くり乃々さん

    本当に大事に残していますよね。
    聖武天皇・光明皇后のお人柄もあるのかな。

    歴史では残念ながら焼かれたりして残念なこともあり、
    明治の廃仏毀釈でもいい仏像が焼かれてますもんねぇ
    フェノロサなどのお蔭で文化に目覚めた日本でしょうか。

    漆金薄絵盤は蓮台ですが、上に香を載せるんですよ。
    一枚一枚の蓮の花弁は持つと動くそうです。
    テレビで言ってました^^;

    投壺は韓流時代劇(朝鮮王朝時代)で見たことありますが
    日本でも遊んでいたんですねぇ

    確かに鹿の屏風絵は奈良絵のようですね!
    これからきてるのかな?

    奈良はホント閉まるの早いですよね。
    春日大社駐車場へ向かう道は街灯がなく、ホント暗い…
    魑魅魍魎がいやしないかとドキドキですよ(ーー;)

    *yoshimin* #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する