奇跡のクラーク・コレクション ~ルノワールとフランス絵画の傑作~

兵庫県立美術館まで行ってきました

10時開館なのですが、9時45分頃到着。
既にオープン待ちの方々が沢山
待っている間にも続々と人がやって来ます。

展示室に入ってしまえば、さほど混雑することもなく割りとゆったりと観ることが出来ました

今回の展示作品はほとんどが日本初公開で、ルノワールの作品22点をはじめ、コロー、ミレー、マネ、ドガ、ピサロ、モネといった印象派、その前後の時代の作品が展示されています。

もうめっちゃ楽しみだったんですよね~
印象派好きは観なくちゃいけないでしょ
クラーク夫妻は綺麗な作品がお好きとあって、ルノワールの作品は30代から40代にかけての作品が多いです
私の好きな時代です

チラシの作品をご紹介しますね。


clark
チラシ

clark「劇場の桟敷席(音楽会にて)」
ピエール=オーギュスト・ルノワール 1880年

clark 「うちわを持つ少女」
ピエール=オーギュスト・ルノワール 1879年

clark 「小川のガチョウ」
クロード・モネ 1874年

clark 
「稽古場の踊り子たち」 エドガー・ドガ 1880年

clark 「蛇使い」
ジャン=レオン・ジェローム 1879年

clark 「羊飼いの少女、バルビゾンの平原」
ジャン=フランソワ・ミレー 1862年

clark 「犬と女」
ピエール・ボナール 1891年

clark 図録

素敵な作品を堪能することが出来ました

似顔絵は30代のルノワールに描いて欲しいですね~
きっと私なんかでも可愛く描いてくれそうです

奇跡のクラーク・コレクション~ルノワールとフランス絵画の傑作~
兵庫県立美術館
2013年6月8日~9月1日
10:00~18:00(金・土は~20:00)
入場は閉館30分前まで
月曜休館(7月15日は開館、翌16日休館)
関連記事
スポンサーサイト
blogramのブログランキング

コメント

  • 2013/07/08 (Mon)
    21:29
    はじめまして

    こんばんは。素敵な作品ですよね。

    クラーク・コレクション、私も行ってよかったな~と思ってました。

    ルノワールの作品、人の内面を映しだして、生きているみたいで、感動しました。

    30代から40代の作品が、多かったのですね。初めて知りました。
    美術展は、楽しいですね。(^^♪

    happy Haruka #NJsiWxd2 | URL | 編集
  • 2013/07/09 (Tue)
    15:14
    happy Harukaさん

    コメントありがとう御座います♪

    クラーク展行かれたんですね!
    とても良かったですよね~(^^)

    ルノワールの少女の絵は本当に素敵ですよね。

    30代から40代はモネとも親交が深くて同じ場所で描いても
    見比べると捉える視点が違って面白かったりします。

    ルノワールの晩年はだんだんと変化してしまって
    青い肌の女性になり、ルーベンスの影響も受けちょっと
    ブヨブヨ体型の女性を描いたり…
    この頃になるとあまり好きではないです^^;

    美術鑑賞はハマるとどんどん観たくなりますね~

    *yoshimin* #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する