京都 養源院

智積院の次に向かいました

yogenin
山門

文禄三年(1594)、淀殿が父浅井長政の追善のため、長政の21回忌に成伯法印を開山として建立。

yogenin

門をくぐると立派な桜がお出迎え

yogenin

yogenin
本堂

元和7年(1621)、徳川秀忠が伏見城の遺構を用いて再建。
以来徳川家の菩提所となっている。

この本堂に「血天井」があり、伏見城落城の時、鳥居元忠以下の将士が城を死守し、最後に自刃した廊下の板の間を天井として霊を弔ったもの。

う~~~ん、血の跡・・・判ったような気もする・・・

俵屋宗達の杉戸の絵があり、自刃した将士の英霊を慰めるために「お念仏、御回向」にちなんだ象や獅子、麒麟などの絵を描いたもの。

他には狩野山楽の襖絵がある「牡丹の間」もあります。

本堂の廊下は左甚五郎の造った鴬張廊下になっています。


係りの方が説明してくださいます。

yogenin
本堂前の枝垂桜

この枝垂桜が観たかったのですが、まだ早かったです

yogenin

yogenin

満開だとさぞ見事でしょうね

これはリベンジしなければ
桜観るだけなら無料ですから

yogenin

この後帰宅するのにお京阪で祇園四条駅へ

京阪から阪急へ乗り換えるのに四条大橋を渡り、阪急への地下入口手前の川の桜がとても綺麗でした

kamogawa

写真撮ってる人多かったですね~

kamogawa

kamogawa

(2013.3.31)

「養源院」
京都市東山区三十三間堂廻町656
075-561-3887
9:00~16:00
500円


より大きな地図で 養源院・他 を表示
関連記事
スポンサーサイト
blogramのブログランキング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する