信達神社

金熊寺の隣に鎮座しています。
昔、泉南樽井の海岸に神武天皇の神像が出現、奇瑞を表わしたので里人たちは樽井の地に祀りましたが、更に神意を得たため現在の地に社殿を建て鎮座したと伝わります。




拝殿


本殿は正保4年(1647)江戸初期に建立されています。ご祭神は神倭磐毘古命(神武天皇)、金山彦命、伊邪那美命。



ご神木「ナギの木」

 
                                              


「ナギの木」は樹高19.5m、幹の周り2.5mで府下最大の巨樹大阪の天然記念物。



帰りのバス停



*2008年3月6日に訪れています


バス停:南海本線「樽井」駅よりコミュニティバス「金熊寺」下車


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する