酒と食のうつわ ~杯のなかの小さな世界~

大阪市立美術館へ最終日に行ってきました

この美術館はめっちゃ久しぶりですね~
何年ぶりやろ

朱漆塗の杯が沢山観れるということで楽しみでした

室町から桃山期にかけて作られ、根来塗といわれる漆塗の酒器や椀、桃山から江戸期にかけての蒔絵を中心にした飲食器が展示されていました。

昼から出向いたのですが、非常に人が少なく、ゆっくりじっくり観ることができました

あまり期待せずに行ったのですが、かなり良かったです
杯の絵柄の面白さや様々な構図など楽しめましたよ
小さな杯に繊細な絵柄、余白を利用して絵画のような絵柄。。。
もっと皆さんに興味を持って頂きたいと思いました

今回はポストカードがなかったのでチラシの中の作品を紹介します。

saketosyokunoutsuwa
チラシ

saketosyokunoutsuwa 「寿老人蒔絵杯」 江戸時代
七福神蒔絵組杯の1枚

saketosyokunoutsuwa 「猩々蒔絵杯」 江戸時代
得好斎銘 組杯3枚のうちの1枚

saketosyokunoutsuwa 「牧牛蒔絵杯」 江戸時代
組杯3枚のうちの1枚


saketosyokunoutsuwa 「猿候舟遊び蒔絵杯」 江戸時代
組杯3枚のうちの1枚

saketosyokunoutsuwa 「伊勢海老蒔絵杯」 明治時代
英一房銘 三方飾り組杯3枚のうちの1枚

saketosyokunoutsuwa 「山水蒔絵組杯・若松蒔絵杯台」 江戸~明治時代
斎藤「仙吉」銘

saketosyokunoutsuwa 「花卉蒔絵提重」
斎藤「仙吉」銘

saketosyokunoutsuwa 図録

*展示は終了しました。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 2013/02/20 (Wed)
    05:20
    漆塗りの酒器やお椀

    こんにちは。

    まだ関東地方は気温が低い日が続いていて、昨日も雪が
    チラチラと降っていました。

    今か、今かと春を待ち望んでしまうこの頃です(笑)。

    大阪市美術館では、日本の伝統的な漆塗りの酒器やお椀の
    展覧会が行われていたのですか。

    普段は絵画ばかり観ている私ですが、こういう日本の職人
    技を駆使した作品等にも興味があります。

    特に「蒔絵」の作品は精巧な造りで、素晴らしいと思います。



    whitemoon #- | URL | 編集
  • 2013/02/20 (Wed)
    15:58
    whitemoonさん

    まだまだ寒い日が続きますね。。。
    昨日は大阪も雪が降りましたよ。積もるほどじゃないですが(^^)

    梅が咲きだしているのでもうすぐ春はそこまで来てますね。
    家に飾っている桃の花は満開になってきました(*^_^*)

    この美術館、閉館になるかと思いきや残るような感じです。
    橋下市長、考えが変わったようです(~_~;)
    文化財は大切にして欲しいですね…

    今回の展示は数名の方々から寄贈された蒔絵杯です。
    保存状態が良くてとても綺麗でした。

    蒔絵はとても素晴らしいので機会あれば是非観て下さいね!
    螺鈿も素敵ですよ!

    *yoshimin* #- | URL | 編集
  • 2013/02/22 (Fri)
    23:22
    ほんまに

    かなり楽しめる内容のようですねえ。
    日本の工芸のあでやかな面がこれでもかというくらいに出てるものですねえ。
    行きそこねました。^^;

    ところで、プロフィール写真の猫ちゃんは?
    *yoshimin*さんのところの子?
    外ですよねえ。

    大阪の桐たんす職人 #- | URL | 編集
  • 2013/02/28 (Thu)
    10:46
    大阪の桐たんす職人さん

    お返事大変遅くなりゴメンナサイm(__)m

    とても楽しめましたよ~(^^)
    お忙しいから行けなかったようですねぇ。。。
    3月3日まで池田市の逸翁美術館で「漆の美 黒と金の世界」というのが
    催されています。
    情報が遅くてスミマセン。

    ネコちゃんの写真はノラちゃんですよ~
    お散歩中をパチリです(*^_^*)
    まだ子猫ちゃんで可愛かったです♪

    *yoshimin* #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する