伏見稲荷大社

美術展の後、伏見稲荷大社で「荷田春満(かだのあずままろ)旧宅・お茶屋」の特別公開がされているので行ってみることにしました。

お参りする前に腹ごしらえを

JR稲荷駅を出て左に進むと裏参道があります。


fushimiinari
裏参道

fushimiinari
御食事処 日野家

こちらで頂くことにしました。

fushimiinari
店内

fushimiinari
鳥なんばそば 820円

お出汁が美味しいです鶏肉もお出汁がしゅんで美味しかったです

fushimiinari
助六 890円

やはりお稲荷さんを頂かないとね~大好きです
美味しかったです。
巻き寿司はちょっと巻きが甘かったかなぁ、崩れてるのがありました。

御食事処 日野家
京都市伏見区深草開土町1
075-641-0347

では表参道からお参りしましょう

fushimiinari
表参道

和銅4年(711)稲荷大神を稲荷山に祀ったのが始まり。

詳しくはHPでご確認くださいね~

fushimiinari
楼門が見えます

fushimiinari
楼門 天正17年(1589)建立

fushimiinari
本殿 明応8年(1499)再建 重要文化財

fushimiinari
鳥居の絵馬

沢山奉納されていましたねぇ

fushimiinari
千本鳥居へ向かいます

本殿の左奥に進みます

fushimiinari
千本鳥居入口

おぉ~出ましたねぇ、テレビでよく見る鳥居
約10000基あるんですね~
初めてなのでワクワク

fushimiinari
観光客多いです

外国人の方もけっこうおられましたね~

fushimiinari
途中で分かれ道に

左側に進みました

fushimiinari
不思議な世界

一瞬のチャンス
すぐ人が来ますから

鳥居を抜けると奥社に辿り着きます。
奥社は山を遥拝しているそうです。

fushimiinari
狐の絵馬

この絵馬に顔を書いて奉納するみたいです。

社殿右奥に「おもかる石」があり、並んではりました。

稲荷山も登れますが、これで引き返します

fushimiinari
東丸(あずままろ)神社

明治16年(1883)春満に正四位が贈られたのを記念して社殿を造営される。
ご祭神は荷田東丸命。

荷田東丸大人・・・本名は羽倉信盛。幼少より歌道並びに書道に秀れ、国史・律令・古文古歌・諸家の記伝に至るまで独学で博し通じていた。

この神社の隣に今回の特別公開、荷田春満旧宅があります。

fushimiinari

fushimiinari
お庭

建物内は撮影禁止になっています。

旧宅は大正13年(1924)建立、国指定史跡。
式台付き玄関、花頭窓のある出書院、違棚を備えた書院式の建物。


fushimiinari

fushimiinari


次はお茶屋へ

お茶屋も建物内、お庭から建物の撮影は禁止です
外からくらいはいいじゃないのぉと思いましたけど・・・

お茶屋は寛永18年(1641)、後水尾上皇より御所の古御殿の一部を拝領したもので重要文化財。

fushimiinari
回遊式庭園

稲荷山を借景としていましたが、今は稲荷山が見えないです。
庭園内に「松の下屋」が建てられていて、和の大正ロマン風な粋な建物です。
棟方志功筆の襖絵「御牡丹図」「御鷹図」など、版画ではない作品を外から観ることが出来ます。

係りの方が説明をして下さるのですが、初公開なのに京都の方が来られないと嘆いておられました。ほとんどが関東からの人だと仰っておられました。
京都在住の方は行ってあげてくださいね~

fushimiinari

fushimiinari
玄関付近

fushimiinari
ご朱印

(2012.9.22)

伏見稲荷大社
京都市伏見区深草薮之内町68
075-641-7331
荷田春満旧宅・お茶屋特別公開
2012年7月7日~9月30日
10:00~16:00
800円

関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 2012/09/30 (Sun)
    00:37
    こんにちはー

    ほんまに、連なる鳥居の中は現代アートの空間に入り込んだような感じですねえ。
    分かれ道もトリックアートのようだし。

    鳥居絵馬も心そそられる「絵」ですねえ。
    ついカメラに収めたくなりそうな。。

    自分も伏見稲荷は、まだ行ってないですねえ。
    「荷田春満旧宅」にも合わせて行ってみないと行けませんね。

    あと、「DUCE MIX」のカフェもよさそうですね^^
    ヘルシーで満腹になれそう。
    「DUCE MIX」には思い出がありまして・・
    たまたま立ち寄った時に、ある作家さんの作った人形をフランス人家族が欲しい、と言ってああやこうやしてまして・・
    本当は展示会用に作ったんやけど、というのをその場で売ってしまう話に取り持ったという・・
    その作家さんはもう出てしまってますけど、ビルの階段の壁に描かれてる絵がその作家さんのものでした。
    絵はまだあるん残ってるんやろか・・

    とまあ、関係のない話ですみません、でしたが、あの辺りで食事!という時にのぞいてみます! ^^)/

    大阪の桐たんす職人 #- | URL | 編集
  • 2012/09/30 (Sun)
    10:47
    大阪の桐たんす職人さん

    念願の千本鳥居をやっと観ることができました。
    今年奉納された鳥居もありましたよ。
    もう建てるとこなさそうですけどねぇ^^;

    「荷田春満旧宅」は今日で公開終わっちゃいますね。
    次回の機会はあるんでしょうかねぇ。。。?

    あのビルでそんなエピソードがあったんですね!
    フランス人の方とお知り合いなんですか!?
    羨ましいですね~
    壁の絵ですか…記憶にない…
    またチェックしないといけないですね(^^)

    *yoshimin* #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する