京都 天得院

美術展の後、東福寺の塔頭、天得院で桔梗が観れるということで行ってみました

まずは東福寺の臥雲橋を通ります

tentokuin
臥雲橋からの通天橋

紅葉の時季はものすごい人ですが、この季節は人があまりいませんねぇ
紅のモミジもいいですが、緑のモミジもとても綺麗です

tentokuin
下を見ると紫陽花がポツリと咲いています

では天得院へ

tentokuin
山門

tentokuin
紫陽花が咲いてました

tentokuin

tentokuin

正平年間(1346~1370)、東福寺第三十世住持・無夢一清禅師により開創され、東福寺五塔頭の一つ。

慶長19年(1614)、文英清韓長老が住持の際、豊臣秀吉・秀頼の五山の学僧として寵遇され、秀頼の依頼により
方広寺の鐘銘を撰文したが、銘文中の「国家安康・君臣豊楽」の文が徳川家を呪うものとして家康の怒りを招き、天得院は毀されました。

現在の堂宇は天明9年(1789)に再建されたもの。


では庭園を拝観します

tentokuin
桃山時代作庭と云われる枯山水庭

まだ桔梗はチラホラとしか咲いてませんでしたが清楚な感じがして綺麗でしたよ
まだまだこれから見頃ですね

tentokuin

tentokuin
ちょっとピンク系

tentokuin

tentokuin

tentokuin
蕾がカワイイ

tentokuin

tentokuin 
苔の緑も綺麗でした

tentokuin
ご朱印

可憐な桔梗もいいもんですね~

(2012.6.24)

天得院
京都市東山区本町15-802
075-561-5239
春の特別拝観
2012年6月15日~7月17日
9:30~21:00(受付~20:30)
500円

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する