大阪 吹田市岸辺

GWは旦那の休みがカレンダー通りなので、飛び石連休でした。
いつもながら遠出はせず、近場でのんびりすることにしました。

まず初日の休みに美味しいパンが食べたいね~ということで、食べログで大阪パンランキング1位のパン屋さんに行ってみることにしました

写真はないのですが、めっちゃ美味しかったです
さすが1位だけのことありますよ
口に入れて一口噛んだだけで「美味しい」と思わず言っちゃいました
生地がよろしおす~~~
お値段は決して安くないのでご褒美の日に食べたいパンです

ル・シュクレ・クール
大阪府吹田市岸部北5-20-3
06-6384-7901
8:00~19:00
月・火曜定休


パンを車の中で食べ、岸辺をウロウロしてみることにしました
この岸辺はなかなか風情があるところなので一度散策をしてみたかったんです。

最初に現れたのが「史跡七尾瓦窯跡(ななおがようせき)」です。

kisibe
国指定史跡

神亀3年(726)、聖武天皇により現大阪市中央区にある難波宮の大規模な再建工事が着手されました。瓦葺の宮殿とするため膨大な量の瓦が必要となり、七尾瓦窯跡は生産地の一つです。

窯跡は高さ約2mの東西に細長く伸びる丘陵に登窯6基と平窯1基が見つかっています。

同じ登窯でも窯の作り方が違い、急いで大量の瓦が必要があったため、複数の瓦作り工人の集団が集められたと考えられています。


kisibe 
階段を登ると広場が

kisibe
2号瓦窯

もう埋まってしまって窯の姿がわかりませんねぇ

ではまた歩き出します

次に風情ある建物が

kisibe
旧中西家住宅 吹田市指定有形文化財及び国登録有形文化財

中西家は江戸時代に大庄屋を勤めていました。約1000坪の敷地に主屋・長屋門・内蔵(米蔵)・キザラ(大小屋)などの建物が建ち、江戸後期の屋敷構えを、ほぼ当時のまま保存されています。

中には素敵な庭園があり、予約をすれば観覧することができます

ポスターが貼ってあり見てみると、吹田市立博物館で「大庄屋 中西家名品展」というのが催されているので行ってみることにしました

旧中西家住宅
大阪府吹田市岸部中4-13-21
06-6386-1182
観覧日:水曜・土曜・日曜の各10時・13時・15時
各時間定員30名
希望日の前月1日~12日までに申し込む
定員に欠員がある場合は希望日前日まで申込可能
無料

吹田市立博物館は紫金山公園の隣にあります。
なかなか素晴らしい名品を観る事が出来ましたよ。
他にも先述の窯跡の展示などもあり、昔の大阪を知ることができました
学生さんには見て欲しいなぁと思いましたね~勉強になると思います。

前期と後期で展示替えがあります。

「大庄屋 中西家名品展」
吹田市立博物館
2012年4月28日~7月1日
9:30~17:15
200円
月曜休館


紫金山公園に吉志部神社が鎮座されているので寄ってみました。

kisibe

応神天皇の時代に大和国の瑞籬(しきみずがき)より奉遷して祀られたと云われている。

kisibe
境内

ご祭神は天照大神・豊受大神。

重要文化財だった本殿は2008年に火災で焼失してしまいました。
残念ですねぇ。。。

これで岸辺散策は終わりで~す
予約して中西家住宅を観てみたいなぁと思います

(2012.4.29)


より大きな地図で 岸辺 を表示
関連記事
スポンサーサイト
blogramのブログランキング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する