フェルメールからのラブレター展 他

切り紙を観に行く前に最初に訪れたのが京都市美術館です。

朝9時過ぎに到着したのですが、まぁまぁの人出でしたね〜並ぶことはなかったですが

フェルメール3作品と共に17世紀のオランダにおけるコミュニケーションをテーマに40点ほど展示されています。
宗教上の意味合い、セクシャルなメッセージ、家族の絆、物語、それらを表現するしぐさ、目つき、顔の表情など4つの章に分かれています。

購入したポストカードです。

フェルメール「手紙を読む青衣の女」
ヨハネス・フェルメール 1663-64

フェルメール「手紙を書く女」
ヨハネス・フェルメール 1665

フェルメール「手紙を書く女と召使い」
ヨハネス・フェルメール 1670

フェルメール「生徒にお仕置きをする教師」
ヤン・ステーン 1663-65

フェルメール図録

「手紙を読む青衣の女」は修復作業後に世界に先駆けて日本初公開なので見逃せないですね〜

いつも思うのですが、生地の質感など本当に上手く捉えて表現されているなぁと感心します

宮城県美術館・・・2011年10月27日〜12月12日
Bunkamuraザ・ミュージアム・・・2011年12月23日〜2012年3月14日

フェルメールからのラブレター展
京都市美術館
2011年6月25日〜10月16日
9:00〜17:00
月曜休館

次に向かいにある京都国立近代美術館へ
「モホイ=ナジ/イン・モーション」という展示を観ました。
現代アートは苦手なんですが、チケットを頂いたので・・・

モホイ=ナジは写真家・美術家でバウハウスの教師として知られているそうです。私は知りませんでしたけど

貴重な未公開作品、貴族所蔵のコレクションを中心に約300点ほど展示されています。
グラフィックデザインをされている方はご覧になられるといいかもしれないですね〜
 
では購入したポストカードです。

モホイ=ナジ
「Construction 1280」 1927

モホイ=ナジ
「Telephone Picture EM1」 1922

以上2枚だけ購入し図録は購入してませ〜ん
かなり分厚かったですよ

モホイ=ナジ/イン・モーション
京都国立近代美術館
2011年7月20日〜9月4日
9:30〜17:00(金曜〜20:00)
月曜休館


ランキングに参加しています

 
人気ブログランキングへ
ご訪問ありがとうございました
また来てね

関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 2011/09/04 (Sun)
    19:25

    こんばんは。
    フェルメールですか、素敵ですね。
    3年くらい前に東京で見ましたね。
    フランス旅行でオルセー美術館で
    世界の名品が手で触れるような感じで
    展示してあるのを見て、名画に親近感を覚えるように
    なりました。
    芸術の秋ですね。

    あかちん #- | URL | 編集
  • 2011/09/05 (Mon)
    10:32
    あかちんさん

    フェルメールは数が少ない割によく日本に来ますよね。
    有り難いことです。本場へはなかなか観に行けないですからね〜
    東京はいつもいいのが来るので羨ましいですよ。
    芸術の秋。。。
    観たい展示が一杯あります^^;

    dango #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する