モーリス・ユトリロ展

岐阜の記事は一休みして、昨日京都「えき」まで観に行ってきました

今回は全作品日本初公開ということで、とても楽しみでした
90点を超える個人コレクションの作品の展示とあって、またとない機会です。
お時間がある方は是非、足を運んで頂きたいですね〜
 
購入したポストカードです。

ユトリロ展 「ラパン・アジル」 1912年

ユトリロ展 「モンマルトルのノルヴァン通り」
1911年頃

ユトリロ展 
「サン=リュスティック通り、モンマルトル」1948年頃

ユトリロ展 「サン=ドミニク通りとエッフェル塔」
1938-40年頃


ユトリロ展 
「モン=スニ通り、モンマルトル」
1948年頃

ユトリロ展 
「モン=スニ通り、ミミ=パンソンの家、モンマルトル」 1917年頃

下2枚を見比べてください、同じ道(モン=スニ通り)、同じ場所付近での絵ですが、様相が違いますよね〜、時代と共に建物が取り壊され風景も変化していくんですね〜

因みに1917年頃の写真は図録から撮影しました

ユトリロ展 
「図録」

これからモンマルトルへユトリロを追う旅に行かれる方には是非図録を購入して欲しいです。 重たいですが・・・
後ろの方のページに描いた場所が地図で紹介されています。
展示にはなかった写真なども載っていますよ

Googleのストリートビューで描いた場所を見てみると、当時の店がまだあったりします
もっと早くこの図録が欲しかった・・・

モーリス・ユトリロ展
2010年9月9日〜10月17日
美術館「えき」KYOTO
10:00〜20:00(最終日〜17:00)



応援ポチっとお願いします

関連記事
スポンサーサイト
blogramのブログランキング

コメント

  • 2010/10/06 (Wed)
    07:18

    こんにちわ。
    いつもブログを拝見していい所へ行ってらっしゃるなぁと
    日本が恋しくなったりしております。
    ブログでお元気でいらっしゃるのがわかると嬉しくなります。
    私はユトリロ、モジリアーニ、シャガールが大好きですので、
    とても興味深く拝見しました。
    よろしかったですね!
    京都はやはりアートの都なのでしょうか。
    こちらの人たちは京都が大好きなようで
    あとは不思議に高尾山が有名でびっくりします。
    お話変わりますが、
    FumyBeppu選手は疲れて昨日やっと帰ってきたのもつかの間、
    10日にまた走ることになったようです。
    One dayレースですが、映像がないと思いますが、
    ご一緒に応援したく思っております。
    お元気で。
    いつもありがとうございます。
    ではまた。

    エオマイヤ #- | URL | 編集
  • 2010/10/06 (Wed)
    11:14
    エオマイヤさん

    エオマイヤさんもユトリロがお好きなんですね!
    もう一度モンマルトルに行きたいですぅ
    モディリアーニがお好きだとすると、モンパルナスにある
    「ラ・ロトンド」へはよく行かれますか?
    モディリアーニが通っていたカフェなので絵が沢山ありますよね!
    フランスにおられるので羨ましいかぎりです。。。
    京都は日本文化の街という感じでしょうか。
    もちろんアートも含みます(^^)
    パリは京都と同じような感覚があるように思います。
    高尾山が有名なんですか!へぇ〜
    築地や秋葉原だけじゃないんですね〜
    別府選手もう走るんですか!
    体は疲れてないんですかねぇ。。。
    1日だけで良かった?かな(^^)
    頑張って欲しいですね。

    dango #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する