本圀寺

元慶寺を出て、まず本圀寺へ向かいます

日蓮上人が鎌倉に住まわれた法華堂を発祥とする寺院で、貞和元年(1345)に京都へ移遷されました。 現在地へは昭和46年(1971)に移りました。

本圀寺
開運門(通称 赤門)

開運門は文禄元年(1592)加藤清正公が寄進されました。
どん底から出発して幸運を勝ち取った清正公は開運勝利の神様「せいしょこさま」として尊崇されているそうです。
清正公の廟は熊本の本妙寺にもありますねぇ

本圀寺
仁王門 平成15年(2003)建立

仁王像は常慶作。

本圀寺
本師堂(立像釈迦堂)

本師堂横の渡り廊下の下をくぐって進むと清正公廟があります。両親の遺骨と清正公の肉歯、毛髪が納められています。

本圀寺

本圀寺
黄金の大梵鐘

黄金の大梵鐘は、文禄2年(1593)豊臣秀吉の姉、村雲瑞龍院の寄進で、「大光山本圀寺」という鐘銘があり、後に「光」と「圀」の字が水戸徳川家に贈られ、あの徳川光圀公の名前の由来になったそうです。

ここはゴールドがキラキラ光っております金が多いです

(5.Sep.2010)

本圀寺
京都市山科区御陵大岩6番地
075-593-9191
10:00〜16:00


関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 2010/09/12 (Sun)
    01:03

    黄金の仁王像に大梵鐘ですかぁ!!
    凄いですね、初めて見ました。
    ご利益ありそうです。(^.^)

    チュンペイ #- | URL | 編集
  • 2010/09/12 (Sun)
    10:46
    チュンペイさん

    ここは金が好きなようで、灯篭も金でしたよ!
    侘び寂びという感じではないです。
    でも歴史があるんだなぁと思いましたi-229

    dango #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する