西国三十三所 第6番 壺阪山 南法華寺(壷阪寺)

奈良シリーズです。今年3月に訪れました。

壺阪寺
仁王門 建暦2年(1212)建立

大宝3年(703)に元興寺の弁基上人がこの山で修行していた頃、愛用の水晶の壺を坂の上の庵に納め、感得した像を刻んで奉ったのが始まりだそうです。
養老元年(717)に元正天皇より八角円堂が建てられ南法華寺の寺号を賜りました。

壺阪寺

壺阪寺
さんが沢山奉納されています

壺阪寺
三重塔 明応6年(1497)再建 重文

再建以来、514年で初めて特別開扉されていました大日如来像(秘仏)、弘法大師像(秘仏)が安置されています。

壺阪寺
礼堂 室町時代再建 重文

ご本尊は十一面千手観音坐像(室町時代)。

壺阪寺

壺阪寺
左にあるのは慈眼堂 平成18年(2006)落成

壺阪寺
境内からの景色

壺阪寺
境内

壺阪寺

壺阪寺
天竺渡来大観音石像と天竺渡来大涅槃石像

石像はインドでの奉仕活動により始まった国際交流の一環でインドから招来されたものだそうです。

壺阪寺
大きな手

壺阪寺
天竺渡来大釈迦如来石像

大釈迦如来石像の前にあるのが十一面千手観音菩薩石像・文殊菩薩石像・普賢菩薩石像。

壺阪寺

(14.Mar.2010)

壷阪寺
奈良県高市郡高取町壷阪3
0744-52-2016
8:30〜17:00
600



応援ポチっとお願いします

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する