滋賀の旅 建部大社

滋賀県立近代美術館の次に向かいました

近江国一之宮になっています。

景行天皇46年(116)神勅により御妃布多遅比売命(ふたじひめのみこと)が、御子稲依別王(いなよりわけのみこ)と共に住まわれた神崎郡建部の郷に尊の神霊を奉斎されたのが草創だそうです。
その後、白鳳4年(675)当時、近江国府の所在地であった瀬田の地に迂祀し、近江一之宮となったそうです。

建部大社
神門

建部大社
拝殿

ご祭神は日本武尊、相殿に天照大神、権殿に大己貴命が祀れています。

建部大社
境内

武門武将の崇敬篤く、源頼朝は平家に捕われ、伊豆に流されるため京都から関東に下向の折、永暦元年(1160)当社に参籠して前途を祈願した事が平治物語に記されているそうです。

これって来年の大河ドラマ「平清盛」と関係あるのかな

ご朱印
ご朱印


これにて滋賀の旅は終了で〜す
長々とありがとうございました

(10.Oct.2011)

建部大社
滋賀県大津市神領1-16-1
077-545-0038




 

 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 2011/12/15 (Thu)
    23:25
    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    # | | 編集
  • 2011/12/20 (Tue)
    21:24
    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    # | | 編集
  • 2012/01/18 (Wed)
    20:43
    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する