滋賀の旅 安養寺(立木観音)

大津祭を堪能した後は過酷な石段を登ります

弘仁6年(815)、弘法大師が瀬田川の対岸に光り輝く霊木を発見しました。
急流のため渡れずにいると白い鹿が現れて、弘法大師を背中に乗せて岩の上を跳んで渡りました。
このことからこの地は「鹿跳(ししとび)」と呼ばれるようになりました。
川を渡って霊木の前まで来ると白い鹿は観世音菩薩に姿を変えたそうです。

感激した弘法大師が立木に等身大の観音像を刻み建立したのがこの寺だと云われているそうです。

立木観音
境内まで約700段

石段の高さも結構あるのと急なので息が苦しい・・・
上りでは足はどうもないのですが、肺が苦かったです
西国巡りしている時よりえらい体力が落ちてます
約20分ほどで辿り着いたと思います。

下りでは膝が痛くなるし、降りた頃には足がプルプル・・・

別ルートでゆるやかな道がありますが、40分ほどかかるようです。
女性一人は避けた方がいいと思います。

立木観音
もうちょいです

着いた〜と思ったらまだ石段が・・・

立木観音
本堂

ご本尊は聖観世音菩薩像。

立木観音

立木観音
境内

ゆっくりのんびりの旅が過酷な旅になってしまいました
翌々日はふくらはぎが痛すぎて歩けませんでしたよ
もう翌日じゃないのが悲しいけど

ご朱印
ご朱印

次は佐久奈度神社へ

(9.Oct.2011)

安養寺(立木観音)
滋賀県大津市南郷5丁目20-20
077-537-0008
9:00〜16:00
無料

関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 2011/11/02 (Wed)
    22:54
    dangoさん、こんばんは

    700段、20分はほんまにえらかったんでしょうねえ。うちの嫁さんやったら、よう登らんかったかも知れません。
    話がずれますが、昨日、dangoさんが少し前に紹介されてた「シュガーバターサンドの木」を食べました。あ、これ、確かあれやー!と。
    ライ麦とあのクリームの感じが、ありそうでないおいしさでした。くせになりますね。自分の実家は製造元のほん近くなんですけど、全く知りませんでしたあ。
    またもうひとつずれますけど、ほんとうにタイで水害にあっている人の中に震災への義捐金を送ってくれた人がたくさんいるはずですよね。それを考えると、ゆとりのあるもんは、出来ることをすべしですね。

    大阪の桐たんす職人 #- | URL | 編集
  • 2011/11/02 (Wed)
    23:18
    大阪の桐たんす職人さん

    700段はホントしんどかったです(>_<)
    息ができなくて死ぬんちゃうかと思いましたよ^^;
    シュガーバターサンドの木、召し上がられましたか!
    美味しいですよね〜(^^)
    記事にした2、3日後テレビで放送された(たぶんスマステ)のか
    検索率すごく増えたんですよ。
    今は減りましたけどね〜
    タイは水が引いてもその後の復興が大変ですよね。。。
    少しでも役に立つことができたらいいのですが。。。

    dango #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する