西国三十三所 第12番 岩間山 正法寺

間違えて正法寺の分を石山寺へ貼り付けていました
ご覧下さっている皆様を混乱させるかもしれませんが、お許しください

石山寺の次に向かいました

正法寺(岩間寺)は養老6年(722)泰澄(たいちょう)が元正天皇の勅命により建立しました。

泰澄は加賀の白山を開いたとされ、その霊力により元正天皇の病気を治し、勅命により霊地を探し歩いていた時に当山の山中のカツラの巨木から千手陀羅尼が聞こえてきました。
このカツラの木で等身の千手観音像を刻み、胎内には元正天皇の念持仏である金銅仏を納めて本尊とし、正法寺を開きました。
 
正法寺 
芭蕉の池(発祥地)

有名な「古池や 蛙飛び込む 水の音」はこの池が舞台なんですね〜

正法寺 

正法寺 
景色が気持ちよかったです

岩間寺 
本堂 天正5年(1577)建立

ご本尊は千手観音立像(奈良時代・秘仏)。現在は胎内に納められていた金銅仏がご本尊となっています。

岩間寺
カツラの木

本堂向かって左奥にはカツラの大樹群があり、とても神秘な世界があります。

岩間寺
真っ赤で綺麗でした

岩間寺

岩間寺
駐車場で

夏は蓮が咲くようですよ

(08.Nov.2009)

正法寺
滋賀県大津市石山内畑町82
077-534-2412
8:00〜16:30
300円



ポチっとお願いします

関連記事
スポンサーサイト
blogramのブログランキング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する