西国三十三所巡り 第二十一番札所 菩提山 穴太寺

創建は慶雲2年(705)、文武天皇の勅願により、大伴古麿が薬師如来を本尊として開いたと伝えられています。


応和2年(962)、丹波国郡司、宇治宮成が観音像の制作を京の仏師・感世に依頼しました。感世は3ヶ月かけて像を完成させました。宮成は名馬と評判の馬をお礼に感世に与えました。
感世はその馬に乗って都に戻っていきましたが、宮成は馬が惜しくなり下男に、感世を射殺し馬を取り返すよう命じました。
下男は命令どおり感世を射殺し、馬を取り返しましたが、感世の家から何の連絡もないので都に使いをやると感世は生きており、馬もその家にいました。
報告を聞いた宮成は驚き、厩を見てみると奪い返したはずの馬がいません。恐ろしくなった宮成は懺悔しようと観音像を見ると観音の胸に矢が刺さり、血が流れていました。
宮成と下男は悔いり仏門に入りました。


ご詠歌
かかる世に生まれあう身のあな憂やと
思はでたのめ十声一声



仁王門 江戸中期再建 京都府登録文化財





本堂 享保20年(1735)再建 京都府指定文化財


ご本尊は聖観音立像(秘仏・佐川定慶作)で、こちらが今回のご開帳になります。通常は33年に一度のご開帳です。


正直・・・どれがご本尊なのかよく判りませんでしたし、よく見えませんでした・・・


本堂内右奥の涅槃像の方が印象に残りますね〜ふとんをめくって自分の悪い箇所を撫でると良くなるそうです。





多宝塔 享和4年(1804)再建 京都府指定文化財



境内


広くはないお寺ですが、静かで心落ち着くお寺さんでした。近くには円山応挙生誕地があります。





帰る道中での景色




ご朱印


2009年9月6日に訪れています


アクセス:JR山陰本線「亀岡」駅より京阪京都交通バス「穴太寺前」下車
拝観時間:8:00〜17:00
拝観料:本堂・庭園各300円、共通500円
西国三十三所結縁ご開帳期間
終了しました
終了しました
2010年5月1日〜31日


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する