西国三十三所巡り 第八番札所 豊山 長谷寺

朱鳥元年(686)、道明上人が天武天皇のために西の岡に三重塔を建立し、のち神亀4年(727)、徳道上人が聖武天皇の勅願によって観音堂を建立し、これらが一つになって長谷寺が成立したとされています。


ご詠歌
いくたびも参る心ははつせ寺
山も誓いも深き谷川



道中の軒下につばめの巣が沢山ありました


 



仁王門 明治15年(1882)再建



登廊(のぼりろう)


登廊は全長200m、399段の石段が続き、上廊は江戸時代、中・下廊は明治時代の再建。



左が鐘楼(重文)、右が本堂




本堂大舞台からの景色



本堂 慶安3年(1650)再建 国宝


ご本尊は十一面観音菩薩立像(室町時代・重文)で、毎日拝観することが出来ます。
結縁ご開帳では内陣まで入ることが出来、ご本尊の足先に触れることが出来ます。


足元から拝顔するとめちゃくちゃ大きいご本尊でした威厳たっぷりです


     






五重塔 昭和29年(1954)建立



目がカワイイちゃんです





たくさんのさん


 

  


 


ご朱印


近くにある番外札所「法起院」へ寄りました


天平17年(735)の創建。徳道上人が晩年に隠棲した所だそうです。




本堂


ご本尊は徳道上人尊像。



ご朱印


2009年6月14日に訪れています


アクセス:近鉄大阪線「長谷寺」駅
拝観時間:8:30〜17:00(10月〜3月は9:00〜16:30)
      結縁ご開帳は9:00〜16:00
入山料:500円(結縁ご開帳は別途1000円要)
西国三十三所結縁ご開帳期間
終了しました
終了しました
2009年10月1日〜12月31日
2010年3月1日〜5月31日


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する