西国三十三所巡り 第七番札所 東光山 岡寺(龍蓋寺)

天智天皇2年(663)、草壁皇子が住まれていた岡の宮を仏教道場に改め、義淵僧正下賜されました。


子宝に恵まれない夫婦が観音様に祈願したところ、ある日、戸外で赤ん坊の泣き声がするので外へ出てみると、白い布にくるまれた馥郁たる芳香を放つ赤ん坊がいました。夫婦は観音様から子供が授かったと喜んで養育していましたが、この話を天智天皇が聞き及び、自ら引き取って草壁皇子と共に養育しました。
皇子が早世した後、義淵は岡宮の地をもらいうけ、観音菩薩を本尊とし、岡寺を建立したそうです。

ご詠歌
けさ見ればつゆ岡寺の庭の苔
さながら瑠璃の光なりけり



駐車場前にて




結構急な坂です



こんな感じ好きですぅ



仁王門 慶長17年(1612)建立 重要文化財





本堂 奈良県指定文化財


本堂は文化2年(1805)の上棟で、全ての完成までに30年以上かかっているそうです。


ご本尊は如意輪観音坐像(奈良時代・重文)。こちらは普段から開扉されているのでいつでも拝顔することが出来ます。
結縁ご開帳では内陣まで入れるのと、普段一般公開されていない扉も開かれています。


個人で来られる際は11時までに来るのがいいと思います。
団体さんは長谷寺・壺阪寺を先に回るそうで、岡寺に来られるのは昼以降になるようです。朝は人も少なく静かでいいですよ〜






開山堂




鐘楼堂








三重宝塔



三重宝塔からの景色












治田(はるた)神社が鎮座されていたので寄ってみました





治田神社


創建は明らかではないですが、平安時代には社があったそうです。
岡寺の鎮守神を祀ったのが後に治田神社になったとも考えられるそうです。


ご祭神は応神天皇・素戔鳴尊・大物主命



ご朱印


2009年6月14日に訪れています


アクセス:近鉄「橿原神宮前」駅より奈良交通バス「岡寺」下車
入山時間:8:00〜17:00(12月〜2月は16:30まで)
入山料:300円
西国三十三所結縁ご開帳期間
終了しました
終了しました
2009年10月1日〜12月31日
2010年4月1日〜5月31日


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する