恵美須神社

建仁2年(1202)、建仁寺の開祖、栄西禅師によって建立されました。


栄西禅師入唐の時、舟中俄かに波風が荒く吹き、舟中の人々が驚き騒ぐ中、禅師は少しも騒がず、海上に向かい拝し給うといづくともなくゑびすの神様が現れ、舟の舳先に立ち給うとたちまち波風鎮まり、その御影をうつしとどめて帰朝の後、建仁寺の鎮守としたそうです。



一の鳥居



二の鳥居




拝殿


ご祭神は八代言代主大神(やえことしろぬしのおおかみ)・大国主大神・少彦名神。


ゑびす大神は大国主大神のお子で正式には八代言代主大神と云うそうです。




お花を沢山育てられていてとても綺麗でした





ご朱印


2009年5月5日に訪れています


アクセス:京阪「四条」駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する