梨木神社

梨木(なしのき)神社は明治18年(1885)に創建されました。境内は清和天皇の御母染殿皇后の里御所の趾だそうです。



一の鳥居



二の鳥居



神門



拝殿


手水舎の水は染井の水と云われ、京都の三名水の一つです。
この日もお水を汲みに来ている人がおられましたよ〜


ご祭神は三條実萬(さねつむ)と三條実美(さねとみ)で、実萬公は菅原道真公の生まれ変わりと崇められ、当時は人々から今天神様と称されていたそうです。
その息子実美公は明治に都が東京に移されることになり、京都御所が廃止されようとした時、明治天皇に「市民が可愛そうです、それにより京都がさびれます」と進言され、廃止案は中止になったそうです。


実萬公がいなかったら京都御所はなくなっていたかも知れないんですね〜良かったぁ、存在してくれて



ご朱印


2009年3月15日に訪れています


アクセス:市バス「府立医大病院前」下車


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する