中観音堂(円空資料館)

この中観音堂の地は円空生誕候補地になっていますが、なにやら美並村が出生地だという説もあるようです。


寛文年中、円空の創建ですが明治6年(1873)廃寺の手続きが取られているそうです。以前は卯宝寺と呼ばれていたようです。



右の建物が円空資料館



観音堂



レプリカです


現在の建物は昭和47年(1972)に建てられています。


ご本尊は十一面観音立像で、背面に四角にくりぬいた痕があり、その中に円空上人が使った鉈が入っているといい、これを見た者は目がつぶれると云われているそうです。


他に16体の仏像が安置されています。


すぐ傍に円空上人産湯の井戸があるので寄ってみました。




円空上人は寛永9年(1632)美濃国中島郡中村の地に生まれたとされていますが、生家については確証は無く、この井戸跡が円空上人の産湯に使われた井戸として語り継がれてきたそうです。



ご朱印


2009年3月8日に訪れています


アクセス:羽島市コミュニティバス「中区停留所」下車
拝観時間:9:00〜17:00
拝観料:300円(円空資料館)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する