和歌山の旅 神倉神社

神倉神社は熊野速玉大社の摂社で熊野三山の主神降臨の霊地、熊野信仰の根源とも云われる霊所です。




ここももちろん世界遺産朱色の橋に桜が満開で綺麗でした〜



ここを上りますよ〜


写真では判りづらいかもしれないですが、なんて急でゴツゴツした石段なんでしょうか・・・538段あります
自然石を積み重ねた「鎌倉積み」と言われる石段で、名前の通り鎌倉時代に源頼朝が寄進したと伝えられているそうです。すごい・・・
上まで行くとなだらかな石段になってくれます
下りはもっと怖いですよ〜杖が置いてあるので上る際に借りました
靴は必ず


私より年配のおばさんがスタスタと下りて来られて「序の口序の口」と仰っていました・・・凄過ぎる・・・


野球少年が元気に挨拶してくれて、軽快にこの石段往復してました
2月のお燈まつりでは勢子たちが石段を駆け下りるそうです。




やっと上りきると桜が出迎えてくれました



巨大な一枚岩


大きな岩が祠の隣に鎮座されています。この巨岩群がゴトビキ岩です。
写真は撮らない方がいいようですのでUPは控えます。


ご祭神は高倉下命(タカクラジノミコト)・天照大神。




新宮市街と熊野灘


ご朱印は熊野速玉大社で頂くことが出来ます。



ご朱印


2009年3月28日に訪れています


アクセス:JR紀勢本線「新宮」駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する