熊本の旅 水前寺成趣園

今年の1月にも法事で帰省した折にちらっと観光してきました


水前寺成趣園(じょうじゅえん)は東海道五十三次を模したといわれる桃山様式の回遊式庭園です。寛永13年(1636)細川家三代忠利公はこの地に御茶屋を設け、その後三代、約80年かけて完成したそうです。
出水神社神苑となっています。



近くには水前寺橋があります



お土産屋さんが並んでいます



美味しいんですよね〜



庭園内に入りました


左に見える小高く盛っているのは富士山をイメージしています。



湧水池



             





稲荷神社



不思議な木が・・・





能楽殿


出水神社創建と同時に建立されました。現在のものは八代松井家奉納の舞台。




お昼寝の邪魔をしてしまいました



鳩さんもお休み中 



古今伝授の間入り口


古今伝授の間は京都御所内にあった建築物で、大正元年この地に移されたそうです。




古今伝授の間 熊本県指定重要文化財



お茶菓子が頂けます



ストーブの傍で頂きました 



「十六夜」


椅子席は500円ですが、古今伝授の間(600円)でも頂くことが出来ます。
そこからの風景が最も良いとされているそうです。


2009年1月10日に訪れています


アクセス:市電「水前寺公園前」
開園時間:8:30〜17:00(12〜2月)・7:30〜18:00(3〜11月)
入園料:400円


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する