浄光寺/荘厳浄土寺

住吉大社へ新年のお参りに行く前に周辺の寺社を巡ってみました


浄光寺は永禄元年(1558)の創建。





油かけ地蔵尊


ご本尊は阿弥陀如来坐像。入り口に珍しい油かけ地蔵が祀られています。


昔、この地蔵は、住吉の東長居の里に移されたが、浄光寺の岌誉上人の夢に現れ「長居の里は化縁拙(けえんつたな)く、吾れ本懐に非ず、願わくば大領に移せよ」と言うので上人が弟子達を引連れて行くと、地蔵堂は傾き、香華も絶え、痛々しい有様であったのでこの寺に運んでおまつりしたという。
そして江戸時代の末期のある年の初夏に住吉地方に赤痢、疫痢といった悪い病気が流行した時のこと、董信女という信心深い老婆が吾が子の病を治そうとこの地蔵尊に参籠祈願したところ、満願の夜、いずこともなく異香漂い、心身が爽快になるのを覚えた。
その時「吾が身に油を注げ。吾れよく堪え忍び、一切衆生の今世、未来め苦難を救うべし」とお告げをいただき、尊像を見れば三つに割れて倒れていた。恐る恐るもとの座に復してお参りしたところ、やがて吾が子の病気も治り、近隣の人達も次第に本復したということです。


仏像に油をかけて諸願成就を祈る浴油信仰というのは古くからあり、弘法大師がそれを広めることに熱心だったそうです。
この日は残念ながら油を掛けることが出来ませんでした

次に近くの荘厳(しょうごん)浄土寺に行ってみます

天慶年間(930〜946)頃の創建と推定され、応徳元年(1084)白河天皇の勅願により再建されました。七宝荘厳極楽浄土云々と書かれた宝鐸が見つかり、荘厳浄土寺の寺号を賜りました。


山門




本堂 天和元年(1681)再興


ご本尊は不動明王立像(平安時代後期・大阪府有形文化財)。


境内は大阪府指定顕彰史跡になっています。



阿弥陀堂



本堂裏に阿弥陀堂がありました。




こちらのお堂には愛染明王坐像(鎌倉時代後期・大阪府有形文化財)が安置されています。



ご朱印


2009年1月4日に訪れています


アクセス:南海高野線「住吉東」駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する