FC2ブログ

新版画展 美しき日本の風景

美術館「えき」KYOTOまで行ってきました。

風景をテーマに川瀬巴水と吉田博の作品を中心に、日本各地の四季折々の情景を捉えた作品約100点が展示されています。

浮世絵版画は人気があり、いつも人が多いですが、新版画展はあまり人気がないだろうと思っていました。
朝一に行きましたが、思わぬ人が多く驚きました!
私は「川瀬巴水」が好きで楽しみにしていました。
静かで情緒を感じることができる作品が多いです。
「吉田博」という方の作品は、ダイアナ妃も気に入られ、購入された作品もあります。(展示はされていませんよ)
版画の技術の素晴らしさも観ることが出来ました。

チラシより作品をご紹介します。

utsukushiki
チラシ

utsukushiki
『春の夜 銀座』 笠松紫浪 1934年

utsukushiki
『元箱根見南山荘風景(5)つつじ庭に遊ぶ二美女』 川瀬巴水 1935年

utsukushiki
『関西 猿沢池』 吉田博 1933年

utsukushiki
『日本アルプス十二題の内 穂高山』 吉田博 1926年

utsukushiki
『暮れゆく古川堤』 川瀬巴水 1919年

utsukushiki
『本町通夜雪』 小林清親 1880年

utsukushiki図録


「新版画展 美しき日本の風景」
美術館「えき」KYOTO
2018年7月5日~8月1日
10:00~20:00(入館は閉館30分前まで)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 2018/07/31 (Tue)
    17:09
    No title

    え、これらはすべて版画なのですか
    猿沢池の柳のゆらりとした感じなどは
    特に素晴らしいですね。
    ダイアナ妃はどんな絵を気に入られたのかは
    わかりませんが、新しい版画もいいものですね。

    EMICO #.zfh79b6 | URL | 編集
  • 2018/07/31 (Tue)
    17:55
    EMICOさん

    そうなんです、全部版画なんですよ!
    彫るのも大変ですし、何度も摺ったりしていて
    とても大変そうです。
    ダイアナ妃は2点お買い上げされたんですよ。
    水辺の風景だったと思います。

    *yoshimin* #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する