FC2ブログ

フランス宮廷の磁器 ~セーヴル、創造の300年~

久しぶりに寝込んでしまいました。
だんだん体力快復が遅れがちに・・・
快復したら疎かになっている家事をしなければ💦
やっと落ち着いて更新できます、、、


中之島でランチをした後、同じく中之島にある大阪市立東洋陶磁美術館へ行きました。

フランス宮廷により育まれ、セーヴル陶磁都市の所蔵作品130点が展示されています。

先日は日本の美を観に行きましたが、今回はフランスの美を観てきました。
ポンパドゥール侯爵夫人やマリー・アントワネットがお気に入りだったようですね~
近代に入るとガラッとデザインが変わり、好みが分かれるかもです。
個人的には濃紺色のカップ&ソーサーが好みでした。

今回の展示は撮影禁止以外の作品ほとんど撮影可になっていますよ~
ですので撮影してきた中から一部ご紹介します。

sevres
カップとソーサー『エトルクス』 1792-1800年

sevres
水差『ディーテルル』 1873年

sevres
壺『テリクレアン』 1842年

sevres
ダンサー№13(テーブルセンターピース「スカーフダンス」より) 1899-1900年

sevres
タバコ入れ 1925-1926年

sevres
大きなパネルがありました

ポンパドゥール夫人とルイ15世かな?

HPに割引券がPDFであるので印刷して持って行くと200円引きになりますよ。

「フランス宮廷の磁器~セーヴル、創造300年~」
大阪市立東洋陶磁美術館
2018年4月7日~7月16日
9:30~17:00(入館は16:30まで)
月曜休館(4/30、7/16は開館)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する