本能寺

本能寺は応永22年(1415)日隆聖人が、当時修行していた妙本寺(のちの妙顕寺)の綱紀が伯父にあたる日存、日道両上人とともに妙本寺を去り、油小路高辻と五条坊門の間(現:醒泉小学校付近)に寺塔を建立、本応寺(のちに本能寺)と称したのを起源としています。


天正20年(1592)秀吉の命にて現在地に移転しています。


本能寺は平均75年に1回炎上している勘定になるそうで、「能」の字がヒヒ(火)を重ねるのを忌んだものと云われ、字を変更してますが、PC上では表記できませ〜ん





総門(表門) 明治12年(1879)恭明院の門を移築


   


本堂は昭和3年(1928)に完成していますが、現在修復中で4年後に終了するそうです。
本堂内には日蓮大聖人と日隆聖人の像が祀られています。



加藤清正が寄進 に見えますね?




        


本堂東側に信長公廟がありお参りできます。遺骨の代わりに信長の太刀を埋め供養したそうです。


宝物館には信長ゆかりの品が展示されていました。



ご朱印


2008年12月7日に訪れています


アクセス:地下鉄東西線「京都市役所」駅
拝観時間:6:00〜17:00(宝物館10:00〜16:00)
拝観料:宝物館500円


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する