京御菓子司 亀屋清永

祇園からの帰りに和菓子を買って帰ることに。

kameya
外観

近すぎて全体が撮れませんでした💦

元和3年(1617)創業のかなりの老舗です!

kameya
奈良時代に伝わったお菓子

こちらを食べてみたかったんですが、何しろ一つがお高い…
なので別のものを・・・

kameya
店内

kameya
昔の看板でしょうか

kameya
金平糖カフェオレ・月影・萬福もなか・栗くり

上の写真でお抹茶の横にあるのが金平糖350円(税抜)で、白と茶(珈琲味)を合わせて食べるとカフェオレになります。
左下が萬福もなか150円、けっこう小さいので一口で食べれちゃいます。
右下が月影140円で黒砂糖の香ばしさとクルミが入っていて美味しいです~

kameya
栗くり 120円

よくある昔からの和菓子で、ちょっと甘めです。
中は栗餡になっています。

京御菓子司 亀屋清永
京都市東山区祇園町石段下南側
075-561-2181
8:30~17:00
水曜定休(不定休あり)


関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 和菓子 | ジャンル: グルメ

酉文でランチ

ゴッホ展の後、四条河原町のバス停で降りて何処で食べようとキョロキョロ、ランチメニューが書かれた黒板が目についたのでその店に入ることに。

toribun
カウンター席になりました

ビルの8階に店はあるので外観なしです。
テーブル席もあるのですが満席でした。

夜は居酒屋みたいですね~

注文して出てくるまでちょっと時間がかかります。

toribun
からあげ膳 880円(税込)

からあげの味付けが選べてマヨネーズにしてました。
からあげも一つが大きく、ボリュームがあります。

toribun
レディース膳 1,000円

地鶏ももソテー・つくね温玉添え・本日のサラダ・小鉢・デザートがついています。
地鶏ももソテーはトマトソースかバジルソースが選べます。
炭火で焼いていて、皮はパリっとお肉は柔らかかったです~
デザートはわらび餅2個でした。
コスパ的にはお得な気がしますよ。

酉文 河原町店
京都市下京区四条通河原町小橋西入真町67-1 コトクロス阪急河原町8階
075-231-9666
営業時間はHPでご確認ください
定休日なし



関連記事
テーマ: ランチ | ジャンル: グルメ

草間彌生 My Soul Forever

ゴッホ展の後、河原町まで向かい、ランチを摂ってから祇園甲部歌舞練場内にあるフォーエバー現代美術館まで。
建仁寺の傍です。

1950年代の初期作から最新の作品まで約80余点が展示されています。

最初は好きでも嫌いでもなくミーハー的な感じで有名やし、観たことないし、観とこかぁ的な感じだったのですが、実際に作品を観させて頂いて、好きになっちゃいました~♡
テレビや雑誌等で観るのとは大違いです!
綺麗!カワイイ!
特に好きだったのはハイヒールシリーズです。
ポストカードが無かったのが残念。

購入したポストカードです。

kusama
『南瓜』 1981年

kusama
『帽子』 1981年

kusama
『赤いドレス』 1980年


「草間彌生 My Soul Forever」
フォーエバー現代美術館
2017年6月10日~2018年2月25日
10:00~18:00(入館は17:30まで)


kusama

kusama
祇園甲部歌舞練場

大きなカボチャが見えますね~

kusama
『南瓜』 2007年

kusama
こちらが入口です。

チケットは券売機で購入します。
靴は脱いでビニール袋に入れ、ロッカーへ預けます。

kusama
『黄樹』 1992年

初期作品群が展示されている第1展示室は撮影可でした。

kusama
『私の魂を乗せてゆくボート』 1989年

舞台上の作品も撮影可でした。

kusama
庭園があります

外に出て散策出来ますが今回は出ず。
桜の季節に来てみたいかな~

kusama
窓からズーム

メジロちゃんが飛んでました。

カフェもあるのですが、1時間以上待ち・・・
メニューがインスタ映えする可愛さなんですよね~
インスタしてないけど(^-^;

kusama
花見小路を抜けて帰ります

(2018.2.11)

関連記事

ゴッホ展 ~巡りゆく日本の夢~

京都国立近代美術館まで行ってきました。

さすがゴッホ、人気があります。
三連休ということもあり、朝から人が多かったです。

ゴッホの油彩画やデッサン約40点、関連する浮世絵版画やオーヴェール巡礼に関する資料などが展示されています。

ゴッホ美術館だけでなく、個人蔵なども展示されていて、初めて観る絵もありました。
浮世絵の影響を受けているのがとても解り、日本への憧れも感じることが出来ますね~
ゴッホの絵を観るとやはり切なくなります。。。

購入したポストカードです。

gogh
『花魁(溪斎英泉による)』 1887年 フィンセント・ファン・ゴッホ

gogh
『種まく人』 1888年 フィンセント・ファン・ゴッホ

gogh
『タラスコンの乗合馬車』 1888年 フィンセント・ファン・ゴッホ

gogh
『夾竹桃と本のある静物』 1888年 フィンセント・ファン・ゴッホ

gogh
『草むらの中の幹』 1890年 フィンセント・ファン・ゴッホ


ゴッホ展 ~巡りゆく日本の夢~
京都国立近代美術館
2018年1月20日~3月4日
9:30~17:00(金土~20:00)
入館は閉館の30分前まで
月曜休館

関連記事

城崎温泉1泊2日の旅2日目

朝食前に昨日休みだった外湯へ向かいます。

kinosaki
地蔵湯

宿のすぐ近くにあります。
朝7時からですが、表で並んで待っている人もいました。
中はまあまあ広かったです。

「地蔵湯」
兵庫県豊岡市城崎町湯島796
0796-32-2228
7:00~23:00
600円
金曜定休(祝日営業)


kinosaki
朝食

よくある旅館の朝食ですね~
美味しく頂きました。

チェックアウトをして、ロープウェイに乗り展望台へ。
手荷物は旅館に預けると、駅前の荷物預かり所まで持って行ってくれます。
帰りは直接預かり所まで。

風もなく穏やかで寒くないので良かった~
宿からロープウェイ乗り場までけっこう歩きます。

kinosaki
山門(仁王門) 明和年間(1764~1772)再建

山麓には温泉寺の山門が建っています。

kinosaki
ロープウェイ乗り場

階段を上ります。
この日は臨時運行していたので5分ほど待って乗れました。

kinosaki
このロープウェイに乗ります

kinosaki
ロープウェイの中から

kinosaki
  展望台からの眺め

幻想的でしたよ~

kinosaki
誰かが作った雪だるま

kinosaki
温泉寺 奥之院

kinosaki
お地蔵様が並んでいます

kinosaki
かわらけ投げも出来ますよ

私たちはしませんでしたが。

下山します。
と、雪がチラチラと降ってきました。
ロープウェイを5分ほど待っている間にチラチラどころではなくなってきたんですけど、、、

kinosaki
温泉寺 本堂

ロープウェイの途中に温泉寺駅があり、下車してお参り出来ますが、今回はパスします。
旦那とだときっと下車してお参りしてるかなぁ
写真はロープウェイの中からです。
雪がかなり降ってきました。

城崎ロープウェイ

kinosaki
薬師ポケットパーク

山麓にあります。
ここで温泉たまごを食べることに。
待っている間、友人二人は足湯に浸かり、私は雪の中撮影タイム。
カメラ壊れそう💦

温泉たまご11分、半熟12,13分、固ゆで20分以上となっていたので、半熟の時間待ちました。
たまごやし、普通やろうと思っていたのですが驚き!
美味しい、、、もしまた来ることがあればまた食べたい!

次にお土産タイム。

kinosaki
この店で日本酒を購入

他の店では食品のお土産など購入していたらお昼を食べる予定時間を過ぎている!
列車の時間があるので大慌てですぐ入れるお店を探すのですがなかなかありません。
当たり前、ちょうどお昼時ですからぁ・・・
それに足元が、、、
朝、仲居さんに「長靴か防水の靴でないと歩けません」と言われたのですが、ホンマにそうでしたぁ(>_<)

あんなに雪積もってるのに道路には雪がないの分かりますか?
雪かきして?いえいえ、道路のあちこちからスプリンクラーで水が放水されているんです。
だから雪と水でズチャズチャ状態・・・
特に駅前は物凄い水たまり量です。
降雪の日に行かれる際は必ず長靴かスノーブーツなど防水がしっかりしている靴を履いてくださいね。
私のように靴の中までビッショビショにならないように!

なんとかおうどん屋さんで空いてる席があったので助かりました。

kinosaki
大黒屋食堂

カニうどん・天ぷらそば・鳥なんばうどんです。

「大黒屋」
兵庫県豊岡市城崎町湯島87
0796-32-2728
10:30~17:00
月1回不定休


ギリギリセーフで列車に乗ることが出来て一安心。
女子旅も楽しいですね~
行かせてくれた旦那に感謝です。

(2018.1.13)



関連記事