京都御所その2と御苑の梅とか

また更新が滞ってしまいました💦
25日~27日まで体調崩してましたぁ

京都御所の続きです。

gosho
御池庭 回遊式庭園

右に欅橋があります。

gosho
お庭のお手入れ道具ですね

gosho
御常御殿の前の梅

膨らんできてますね。
今はどんな感じだろ。。。

gosho
出口に向かう広~いスペース

gosho
たぶん、御学問所かと

gosho
とにかく立派な松の木が多かったです

京都御所を出て御苑内で昼食にしたのですが、それは別記事にしまして、昼食後御苑内を散策。

gyoen
早咲きの梅が見頃なのがあり

gyoen
白い梅も

gyoen
梅の香りも漂い

gyoen
春はすぐそこかなあ

けっこう寒いけど・・・

gyoen
閑院宮邸跡

こちらも通年公開となっています。

gyoen
建物内は中庭と展示室があります

トイレもありますよ。

閑院宮家は東山天皇の第六皇子直仁親王を始祖として宝永7年(1710)に創建。

gyoen
庭園を周遊できます

gyoen
ここに御殿があったのですね~

明治に東京へ遷都されたんですね。

gyoen
キセキレイちゃん

望遠レンズを持ってこず、悔やまれます・・・
トリミングしてます。
梅の場所で他にもルリビタキや木の上にコガラがいてました。
あー残念(+_+)

(2017.1.22)

京都御苑
京都市上京区京都御苑
075-211-6364(国民公園協会 京都御苑)
閑院宮邸跡
9:00~16:00(16:30閉館)
月曜(祝日は開館)・年末年始休館
無料



関連記事
スポンサーサイト

京都御所その1

京都に用があったので、用事の前に京都御所を拝観しようと行ってきました。
以前は特別公開時か観覧申込が必要でしたが、現在は通年公開ということでいつでも観覧できるようになりました。
御苑内は来てますが、京都御所は初めてです。

gosho
清所門

gosho
御苑は広いですね~

さて、入りますよ~
入口には手荷物検査があり、首にかける番号札が渡されます。

gosho
宜秋門の屋根

綺麗ですね~

京都御所は延暦13年(794)に平安京に都が移されたのが始まりで、明治維新まで天皇のお住まいでした。

gosho
このような彫がありました

仙人の張果老だそうです。

gosho
御車寄

雪が屋根に残ってました。

gosho
新御車寄

gosho
回廊の屋根

整然と並んでいる姿が綺麗です。

gosho
承明門から望む紫宸殿

gosho
紫宸殿 安政2年(1855)造営

右近の橘が囲われています。寒さ対策でしょうか。

gosho
建春門

どの門も立派ですね~

gosho
清涼殿 安政2年(1855)造営

右にあるのは呉竹。

gosho
狛犬が守ってますね

gosho
春興殿

松の感じが良くて横から撮影。

gosho
御池庭に架かる欅橋

gosho
小御所 昭和33年(1958)復元

その2へ続く。

(2017.1.22)

京都御所
京都市上京区京都御苑
075-211-1211(宮内庁京都事務所)
9月・3月9:00~16:30(入場は15:50まで)
10月~2月9:00~16:00(入場は15:20まで)
4月~8月9:00~17:00(入場は16:20まで)
月曜(祝日は開門)・年末年始・行事がある日は休み
無料


関連記事

奈良 當麻寺伽藍と中之坊

 ネタ切れになりましたので2007年4月に訪れたときのものをば。
もう10年も前になっちゃうんですねぇ(+_+)
今年の参考になるかな?

4月下旬で牡丹が咲いているので行きました。
ちょうど満開でとても綺麗でしたよ~

nakanobo
仁王門(東大門)

推古天皇20年(612)、用明天皇の皇子麻呂子親王が聖徳太子の教えにより、河内国交野郡山田郷に萬法蔵院禪林寺を草創されました。
白鳳末期から天平初期にかけて現在地に建立されたものと云われています。

taimadera
本堂(曼荼羅堂) 天平時代~藤原時代 国宝

ご本尊は當麻曼荼羅(室町時代・重文)。

本堂・金堂・講堂の伽藍三堂となっていて拝観料が要ります。

taimadera
中将姫の像

塔頭の中之坊に入ります。
別途拝観料が要ります。

nakanobo
山門

白鳳時代の當麻寺開創に伴い、役行者が道場として開きました。
天平期、當麻寺住職の住房「中院御坊」として成立しました。

nakanobo
本堂(剃髪堂) 桃山時代

ご本尊は十一面観音像(導き観音)。

nakanobo
中将姫誓いの石

一心に仏道を志す中将姫の強い信念により石に足跡が付いたものだそうですよ~

nakanobo
庭園「香藕園(こうぐうえん)」国名勝・史蹟

nakanobo
ぼたん園

nakanobo

nakanobo
コデマリも咲いてます

nakanobo
干支になってます

左は巳で隣は午ですね。
因みに私の干支ではないですよぉ

nakanobo
八重桜も満開

nakanobo
東塔が見えます

こちらでは客殿にて写仏(別途体験料要)をすると絵天上を観ることができます。
私たちもさせて頂きました。
素敵な絵が並んでいて、片岡鶴太郎さんの絵もありました。
画集があったので購入しましたよ(^.^)

nakanobo
どこの塔頭だったかな・・・

taimadera
東塔だったか西塔だったか・・・

たぶん、東塔だということで、奈良時代の建立で當麻寺最古の建造物。

次へ。

taimadera nakanobo
ご朱印

(2007.4.29)

當麻寺中之坊
奈良県葛城市當麻1263 中之坊
0745-48-2001
9:00~17:00
500円
伽藍三堂(受付:本堂)
9:00~17:00
500円



関連記事

きよめ餅総本家

昨年の11月、旦那が名古屋へ出張した際に買ってきてもらいました。
私がネットで調べて時間があったら買ってきて~~~てな感じ
(-∀-)

kiyomemochi
外観

なかなか立派なお店ですよ。

kiyomemochi
店内

熱田神宮の東門近くにあります。

kiyomemochi
きよめ餅(栗入り) 5個入り900円(税込)

熱田神宮の参道にきよめ茶屋があったことからその名に因んで付けられたそうです。

羽二重餅が柔らかいですね~
とっても美味しいです~

kiyomemochi
春敲門 800円

口に入れると和三盆がすっと溶けていき、心地よい甘さが広がります。
けっしてくどくない甘さなので2つはペロリですね~
お抹茶によく合います。

きよめ餅総本家
愛知県名古屋市熱田区神宮3-7-21
052-681-6161
8:30~18:30
年中無休


関連記事
テーマ: 和菓子 | ジャンル: グルメ

銀シャリと一夜干 一夜一夜

昨年の11月某日、ルクア大阪の10階にあるお店でランチにしました。

ご飯と魚介類がお好きな方にお薦めのお店です。

ichiyaichiya
焼魚定食 920円(税抜)

その時の旬なお魚が出てきます。
この日はホッケだったかな。
この量でこのお値段はお得な感じがしますよ。

ichiyaichiya
大仙鶏あぶり丼 950円

私が注文。
お肉も柔らかく、タレが美味しいですね~

また利用したいお店でした。

「銀シャリと一夜干 一夜一夜」
大阪市北区梅田3-1-3 ルクア大阪10階
06-6485-7018
11:00~23:00(LO22:00)


関連記事
テーマ: ランチ | ジャンル: グルメ