大阪 久安寺

GW中の記事になります。
ここは6年前にもGWに来ています。
以前とは花の咲き具合が全然違いました。

kyuanji
楼門 応永年間(1394-1427) 重要文化財

神亀2年(725)行基菩薩により開創。
天長年間(824-834)、弘法大師の再興と伝えられ安養院が前身。
久安1年(1145)賢実上人 、近衛帝の祈願所として楼門、金堂など伽藍49院の坊舎を再興し、久安寺と称しました。
豊臣秀吉が参拝し、三光神を祀り、月見茶会を親しんだと伝えられ、太閤像を三光社に合祀しました。

kyuanji
ツツジが満開でした

kyuanji
新緑が眩しい。。。

kyuanji
アサヒナカワトンボ

とても綺麗なブルーグリーンの色で光り輝いていました。

kyuanji
御影堂

kyuanji
本堂

ご本尊は千手観音立像(秘仏)。

ツツジは既に傷んでいてちょっと残念でした。
6年前はまだこれからという状態だったんですけどねぇ

kyuanji
元々赤いモミジでしょうか

kyuanji
バン字池

牡丹は終わっていました。

虚空園を歩きます。

kyuanji
後ろは鐘堂

kyuanji
綺麗なツツジを探して

kyuanji
丸っこい灯籠ですね

イチハツが所々に咲いてました。

kyuanji

kyuanji
山藤が咲いているのが見えます

kyuanji
シラー

この花は初めて見るかも。。。

kyuanji
小さな弘法大師さまが居られました

関西花の寺霊場で、これからは紫陽花が綺麗でしょう。

kyuanji kyuanji
ご朱印

(2016.5.1)

久安寺
大阪府池田市伏尾町697
072-752-1857
9:00~16:00
300円


関連記事
スポンサーサイト

京都 宝積寺

山荘美術館の次に向かったのがもう少し登った所にあるお寺さんです。

もう少しといっても、けっこう急な坂を上るんですよ…

hoshakuji
これ上り坂なんですけど

全然急な坂に見えないですよね…
坂の撮り方難しい…

琅玕洞トンネルの左側にあります。

上りきると、

hoshakuji
次にここを通ります

ここはしんどそうに見えますが、たいしたことないです。
距離も短く、平坦になったらお寺です。

hoshakuji
本堂

神亀元年(724)、聖武天皇の勅命により行基菩薩が建立し、打出と小槌を奉納されました。

*養老7年(723)龍神が唐土より打出(何事も叶う)と小槌が伝来。

ご本尊は十一面観世音菩薩立像(鎌倉時代・重文)。

一寸法師物語(パンフレットより)
大阪で生まれた一寸法師は、自ら運を開くため、おわんの舟とはしのかい、針の刀を持ち、おじい様とおばあ様に別れを告げ、淀川をさかのぼっていきました。
途中山崎で下舟した一寸法師は宝寺(宝積寺)で修行を重ねました。
当時都では恐ろしい鬼があばれ回り人々を苦しめておりました。
修行を終えた一寸法師は、さっそく都に上り鬼を退治し、ほうびで立派な若武者となり、美しいお姫様とおじい様とおばあ様と幸せに暮らしました。。。

皆様ご存知の一寸法師の物語がここ宝積寺に伝わっています。
この話の前があるんですよ、大阪に。
「大阪で生まれた・・・」とはどこか、ここです。

hoshakuji
閻魔堂

閻魔堂には閻魔大王・司命菩薩・司録菩薩・暗黒童子・俱生神(全重要文化財)が安置されています。 

拝観料を払うと本堂と閻魔堂の内陣拝観が出来ます。

閻魔大王は見ごたえあると思いますよ~
迫力満点です!
こちらは3回目の拝観です。

hoshakuji
秀吉 出世石

秀吉が座ったんでしょうかね~

hoshakuji
三重塔

山崎の合戦物語(パンフレットより)
天正10年(1582)織田信長は明智光秀に急襲され、本能寺の炎の中で自刃しました。
これを知った豊臣秀吉は備中高松より急ぎ京に向かい、山崎街道に入り、宝寺を本陣とし、大勝利をおさめました。
秀吉が勝利を記念し、一夜にして建立したと伝えられる三重塔です。

hoshakuji
山門

金剛力士像(鎌倉時代・重文)。

山門から駅へと向かいますが、道はコンクリートで、先ほどの道より更に急勾配だと思います。
膝が痛かったぁ


hoshakuji hoshakuji

hoshakuji
ご朱印

(2016.5.22)

「宝積寺」
京都府乙訓郡大山崎町銭原1
075-956-0047
9:00~16:00
400円



関連記事

京都 アサヒビール大山崎山荘美術館

昼食を摂って、シャトルバスで美術館まで向かうつもりでしたが、時刻は12時8分くらい、時刻表を見ると12時台は5分発のみ…次の時刻は13時台…
ガーン!!!先に時刻表見とけばよかった…
しゃーないので歩いて行くことにしました。

歩いてみると、なんや!近いやん!
以前はJR山崎駅から歩いたのですが、阪急とJRが近いし。
踏切を待ってる間、シャトルバスも同じく待ってました…
ホンマは乗せて欲しかったなぁ…
けっこう登るんですよね…

「あ~しんど」と言いながら登っていると懐かしの風景が。

ooyamazaki
琅玕洞(ろうかんどう)トンネル 登録有形文化財

ここが庭園の入口になります。
雰囲気があって好きな場所です~

ooyamazaki
流水門

緑が豊かで本当に気持ちが良いです。

ooyamazaki
山荘美術館が見えてきました

ooyamazaki
出入り口 

館内は撮影禁止になってます。
素敵な調度品やステンドグラスなどトキメキます。

ooyamazaki
館内の庭園 

ここは撮影可能でした。

ooyamazaki
睡蓮が咲きだしましたね~

2階へ上がると喫茶室があり、テラスへ出ることが出来ます。

ooyamazaki
テラスからの景色 南東方面

見えてる山は男山。

では庭園を散策します。

ooyamazaki

庭園だけだと無料で散策できますよ。

ooyamazaki

ooyamazaki

ooyamazaki
ナツハゼ

とても小さな花でした。

ooyamazaki
「ボールをつかむ鉤爪の上の野兎」 バリー・フラナガン作 1989-1990年

ooyamazaki
テラスが見えますね

ooyamazaki
紅葉シーズンもいいでしょうね~

ooyamazaki
もう間もなくですね

載せてないですが、他にもウツギなどのお花も咲いてましたよ~
紅葉の時にまた来たいです


次へ向かいます。

(2016.5.22)

アサヒビール大山崎山荘美術館
京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
075-957-3123
10:00~17:00(入館は16:30まで)
900円(庭園は無料)
月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始休館



関連記事

Pao カフェのパン

大山崎山荘美術館へ行く前にランチで寄りました。
阪急「大山崎」駅高架下にあります。

pao
外観

pao
店内

美味しそうなパンを店内で食べることにしました。

pao
ジャーマンポテト180円(税込)、カレーパン(新商品)180円、塩パン160円

カレーパンは正式名称ではないです~
ボリュームがあって、ジャーマンポテトのポテトの量も多いです。
美味しいです。
塩パンはもうちょっと塩気が欲しいところでしょうか。

pao
クリームチーズ160円、ジャムパン120円

ジャムパンもイチゴジャムがた~っぷり入っていて、旦那には量が多かったようです。
クリームチーズの生地はサクッとしていて、美味しかったですよ。

ドリンクはパックのコーヒー140円とホットアップルティー200円です。

他にも美味しそうなパンがあったのでまた食べてみたいです


「Pao カフェ」
京都府乙訓郡大山崎町大山崎明島9-1
075-957-0333
8:00~19:00
無休



関連記事
テーマ: パン | ジャンル: グルメ

終わりなき創造の旅

アサヒビール大山崎山荘美術館まで行ってきました。

ここは何年ぶりでしょうか。。。
旧ブログも始める前だったかもしれないですね~

開館20周年を記念して創造にまつわる「旅」に焦点を当てて作品が展示されています。
ゴッホ、ピカソ、モネなどの画家から陶芸家バーナード・リーチ、濱田庄司など。

こちらでは展示作品はもちろんのこと、建物自体が素晴らしく、庭園も広くて楽しめます。
庭園は別記事で紹介します。

購入したポストカードです。

ooyamazaki
「少女の肖像」 アメデオ・モディリアーニ 1918年

ooyamazaki
「肘をつく女」 パブロ・ピカソ 1902年

ooyamazaki
「ヴェネツィアの婦人Ⅷ」 アルベルト・ジャコメッティ 1956年

「終わりなき創造の旅」
アサヒビール大山崎山荘美術館
2016年3月19日~6月5日
10:00~17:00(最終入館16:30)
月曜休館


関連記事