いつか森になるカフェ

松伯美術館へ行く前に腹ごしらえをとランチに訪れました。

本当は別の店を予定していたのですが、あいにくの定休日・・・
ちゃんと調べとけと言われましたぁ


でも同じ並びに素敵なカフェがオープンしていました


moricafe
外観

moricafe
店内

関西ローカル番組、人間国宝さんのシールがありますね。
そういえば、見てました

そうそう、アサギマダラの幼虫を育てているとかでしたよ


moricafe

moricafe
ワッフルブランチセット 1000円(税込)

moricafe
ワッフルブランチセット オニオンwithチーズソース 1000円

moricafe
セットのドリンク コーヒーと紅茶

ワッフルは外はカリっと中はフワッとしていて美味しいです~
サラダも多くて女子には嬉しいですね~
男性は物足りないかもしれないですが


チーズソースがとても美味しかったですよ


いつか森になるカフェ
奈良市神功4-25-1-101
0742-31-8433
11:00~17:00
水曜・木曜定休



関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ランチ | ジャンル: グルメ

奈良 松伯美術館の庭園

お天気は雨予報なのですが、夕方まで持つんちゃう~ってことで昼前に向かったのですが・・・


shohaku
高速からの大阪城

紅葉も見えましたよ

先に昼食を摂ったのですが、それは別記事にて。

shohaku
美術館に到着~ 

shohaku
館内入口

中に入った途端雨が降り始めました・・・

展示を観終わっても雨が止むことはなく、、、ですがせっかく来たので庭園を散策


shohaku
ここが一番綺麗でした

雨で色が濃くなって紅葉も綺麗でした。

shohaku
登ってみます

shohaku
やっぱり晴れがいい

shohaku

shohaku

shohaku
一般のお宅の山茶花が見事でした

shohaku

shohaku

ススキの傍に二本の立派な枝垂桜の樹があったので春にも来てみたいと思いました。

shohaku
旧佐伯邸

土・日・祝は野点喫茶を営業しているのですが、雨だから諦めました・・・
 
ちょっと覗くといい感じだったんですけど、、、

shohaku

shohaku
大渕池が見えてます

晴れてたらもっと工夫して撮れたかなぁと思いました。
滋賀よりここの方が紅葉が綺麗だったかも。。。

(2015.11.23)

松伯美術館
奈良市登美ヶ丘2-1-4
0742-41-6666
10:00~17:00
月曜(祝日の場合翌日)・年末年始・展示替期間休館
820円


関連記事

美の発見~日本画の冒険者たち~

奈良にある松伯美術館まで行ってきました

ここの美術館は初めて訪れます。

京都国立近代美術館の所蔵品を中心に明治・大正・昭和と活躍した画家たちの作品が展示されています。

上村松園の美人画は本当に美しいです

繊細な上に立体的に見えたりする部分もありと感心してしまいます。

チラシから作品を紹介します。

shohaku
チラシ

shohaku
「虹を見る」 上村松園 1932年

shohaku
「池」 徳岡神泉 1952年

shohaku
「訶梨帝母(かりていも)」 堂本印象 1922年

shohaku 
「朱唇(しゅしん)」 菊池契月 1931年

shohaku
「白蓮図」 榊原紫峰 1928年

shohaku
「鳥のいる作品」 麻田鷹司 1953年

shohaku
「野火」 吉岡堅二 1975年

shohaku図録


「美の発見~日本画の冒険者たち~」
松伯美術館
2015年10月6日~11月29日
10:00~17:00(入館~16:00)

関連記事

レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展

連休前に友人RとPと三人で初めて美術展に行ってきました
場所は京都文化博物館です。

Pは最近芸術に目覚めたようでちょくちょく観に行ってるようなのですが、Rは全くの初めて。
にしてはちょっと難しかったかも…

でも一生懸命観ていたので目覚めたかなぁ


因みにRとPは中学時代からの友人で、30年以上の付き合いになります

あっ、年齢がバレル


レオナルドが描いた「タヴォラ・ドーリア」とミケランジェロが構想した壁画を模写した作品「カッシナの戦い」共に日本初公開され、アンギアーリの戦いに関係する作品・資料が展示されています。

アンギアーリはイタリア、フィレンツェから列車で南東へ約1時間の場所にある丘陵地帯の高台にある城壁に囲まれた町。

1440年、アンギアーリ村でフィレンツェ共和国とミラノ公国の争いが勃発。
この地にある橋をめぐって熾烈な戦いが展開され、フィレンツェ軍はミラノ軍の攻撃を返り討ちにし勝利。
この栄光を後世に残そうとフィレンツェ共和国の行政長官ピエロ・ソデリーニは1503年、レオナルドに戦勝画の制作を依頼。

フィレンツェ政府は、権力と栄華の象徴ともいえる五百人広場の大壁画を二人の芸術家に競わせ、見事な戦勝画で飾りたいと企て、ミケランジェロにフィレンツェ軍がピサ軍に対して勝利した「カッシナの戦い」を依頼。
しかし、ミケランジェロは教皇ユリウス二世の霊廟造りに召喚され、制作を中断。
世紀の対決は実現することなく500年の歳月が経過。

(購入した冊子より抜粋)

今回の展示により実現となったんですね~


ポストカードの種類が少なく、2枚だけ購入。

leonardo
「タヴォラ・ドーリア」(アンギアーリの戦いの軍旗争奪場面)
作者不詳(レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく) 16世紀前半

leonardo
「カッシナの戦い」(ミケランジェロの下絵による模写)
アリストーティレ・ア・サンガッロ(本名バスティアーノ・ダ・サンガッロ) 1542年

leonardo冊子

図録もあったんですが、500円(税抜)だった冊子を購入しました。

フィレンツェにまた行きたくなりました~

巡回
東北展・・・宮城県美術館2016年3月19日~5月29日

*京都での展示は終了しています。

レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展

関連記事

北小路で昼食

中宮寺をお参りした後、持っている地図本に載っていたお店に行ってみることに

kitakomichi
外観

なんかいい感じ

kitakomichi
店内

kitakomichi
肉うどん 600円

私が注文。
丼からお出汁がこぼれそうです

kitakomichi
親子丼 550円

ちょっと小振りな感じでしょうか。
お値段がお安いですからね~

他には小路定食650円があり、この日はお魚メニューでしたよ。

kitakomichi

「北小路(きたこみち)」   
奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺北2-6-2
0745-75-4060
11:30~16:00
不定休


関連記事
テーマ: ランチ | ジャンル: グルメ