硯石亭

お腹空きましたので石段途中にあるお茶屋さんで昼食にしました

suzuriishitei
こちらからお邪魔します

suzuriishitei
特等席が空いてました

まだ11時半頃だったので景色が見渡せる席が1席だけ残ってました

suzuriishitei

先に入口で注文して、支払いすると番号札が渡されます。
「〇〇番のお客様~」と声がかかるので手を挙げて合図すると持ってきてくれます。

suzuriishitei
京ゆばうどん 850円

私が注文。
うどん麺は細くて京うどんの柔らかさ。
私の好きな柔らかさです
コシ必須の方には不向きかも。
湯葉が美味しい~~~お出汁も美味しかったです。

suzuriishitei
ぶっかけそば 700円

旦那が注文。
天かすが美味しそうですね~
やはりお出汁が美味しいと飲み干してました

名物はもみじ餅だそうですよ。
食べてみたかったなぁ

お店の前に弘法大師が硯として使用したと云われる岩がありますよ。

次は西明寺へ

硯石亭
京都市右京区梅ヶ畑高雄町5
075-872-3636
9:00~17:00
不定休

関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ランチ | ジャンル: グルメ

京都 神護寺の紅葉2014

さぁ、いよいよ神護寺へと参りましょう

jingoji
楼門 元和9年(1623)再建

平安時代、和気清麻呂が創建した高雄山寺と、和気氏の氏寺である河内の神願寺とが合併して定額寺(準官寺)となり、寺名を神護国祚真言寺(じんごこくそしんごんじ)と改めました。

平安時代に二度の災害があり、堂塔が焼失し荒廃しましたが、寿永3年(1184)文覚上人が後白河法皇の勅許を得、復興しました。

応仁の乱で再び兵火を受け焼失しましたが、元和9年(1623)所司代板倉勝重の奉公により、諸堂が再興されました。


jingoji
境内

楼門をくぐると広~い境内が。

jingoji
鐘楼

jingoji
右の建物は明王堂

jingoji
左の建物は五大堂

石段を上って金堂へ。

jingoji
石段を上りきって

jingoji
金堂 昭和10年(1935)建立

ご本尊は薬師如来立像(平安時代前期作・国宝)。

jingoji
金堂からの眺め

jingoji
金堂東側から多宝塔が見えます

ここからが一番多宝塔が見えると係りの方が仰っておられましたよ。

多宝塔まで行ってみます

jingoji
めちゃくちゃ綺麗です

多宝塔へ向かう道が一番綺麗ですので必ず通ってくださいね

jingoji
ずーっと観てても飽きないで

jingoji
多宝塔 昭和10年(1935)建立

近くだとこれが精一杯です

jingoji

かわらけ投げの方へ向かいます

jingoji
ドウダンツツジも綺麗ですよ~

jingoji

jingoji

jingoji
地蔵堂

jingoji
地蔵院

jingoji
枝が凄い

jingoji

jingoji
かわらけ投げの場所

私たちは投げませんでしたが、遠くに飛ばすのはなかなか難しそうですよ。
すぐ下にいっぱいかわらけが落ちてます

この後昼食を摂りに下山します

jingoji
ご朱印

(2014.11.23)

神護寺
京都市右京区梅ヶ畑高雄町5
075-861-1769
9:00~16:00
500円

関連記事

京都 神護寺参道の紅葉2014

まだ神護寺に辿り着きませんよ~

もみぢ家さんの横の道を下るとすぐにめっちゃ綺麗な景色が


jingoji
ここで皆さん撮影タイム


どんどん進むと最初のお店が

jingoji

jingoji
彼女もうっとりしてるのかな

jingoji
ようやく下に降りてきましたよ

赤い橋を渡って

jingoji
次はまた上りますよぉ

jingoji
お茶屋さんの紅葉も綺麗です

jingoji

jingoji
後でこのお店で昼食です

jingoji
やっと門が見えてきました

いよいよ神護寺です

(2014.11.23)
関連記事

京都 嵐山・高雄パークウェイの紅葉2014

長野県で大きな地震がありました。被災された方へ心よりお見舞い申し上げます。
まだ余震が続くとのことですが、一日も早く通常の生活ができますことを想っております。



今年の連休は旦那が二日のうち一日、仕事関係で予定があり、二人で京都への紅葉狩りは無理だなぁと思っていたのですが、予定がキャンセルになり、行けることに

さぁ、何処へ行きましょうか

年齢とか足腰とか考えて、今のうちに行ける場所に行こうってことで、石段がしんどいという神護寺へ行くことにしました
ここの紅葉も素晴らしいと評判ですので楽しみです

行き方は、高速大山崎出口から嵐山を横切るように向かったのですが、道中は朝でもやはりちょっと混んでました。

嵐山・清滝口ゲートからパークウェイに入ります。
JAFカードもしくはETCカード提示で通行料が1180円1030円になります。
支払は現金ですよ~
土日祝は二輪車は通行できませんので要注意

パークウェイは全く混んでなくてスイスイ~です

まず最初に小倉山展望台で撮影タイム

takao
小倉山展望台駐車場

モミジが真っ赤です

takao
絶景ポイント

橋が見えますが、JR嵯峨野線だと思います。
撮り鉄の方が電車待ちしてました

takao
上の写真の反対側

亀岡の方になるのかなぁ

takao
菖蒲ヶ丘展望台入口

ここの前にも「保津峡展望台」「愛宕山展望台」があります。

takao
降りるころには満車に

takao
展望台から

見えているのは菖蒲谷池かな。

takao
360°見渡せますよ

takao
幸せの鐘があります

takao
高雄大駐車場の紅葉

高雄口ゲートからすぐの場所です。
ここに車を停めて神護寺へと向かいます。
駐車料金は無料ですので、通行料だけ必要です。

ここに駐車すると、帰ってくる時がヘトヘトになるご覚悟を

下って、下って、上って、帰りは下って、上って、上ってとなりますのでねぇ
さ、頑張れ~~~

takao

takao
162号線まで下りて行きます

takao

ここで紅葉を満喫してしまいそうですが、まだまだ序の口ですよ~

もみぢ家本舗さんの横の道を更に下ります

(2014.11.23)

嵐山・高雄パークウェイ
京都市右京区
8:00~20:00(入場~19:00)
二輪車830円、軽・小型・普通自動車1180円
マイクロバス2940円、大型バス4790円
17時以降は軽・小型・普通車のみ590円
土日祝二輪車通行不可
年中無休

関連記事

紅葉前の清水寺

そば処ふたばさんで昼食を済ませ、いざ清水寺へ。

kiyomizudera
仁王門

由緒などは以前に記事にしているので今回は省きますね。

kiyomizudera
清水の舞台

kiyomizudera
音羽の瀧

いつも列が出来てますね~

kiyomizudera

kiyomizudera
阿弥陀堂・奥の院は修復中

平成20年から9つのお堂を修復しているそうで、最後は本堂のようです。
いつになるのでしょうね。

kiyomizudera

kiyomizudera
子安塔が見えてきました。

kiyomizudera
本堂を正面から見れます

ここまで来られる方がまだ少ないので是非訪れてくださいね。

kiyomizudera
修復された子安塔

修復前はこちら

kiyomizudera
欅の柱を並べた懸造り

そういえば、今までじっくり見てなかったなぁ。
釘を1本も使用してないんですよね、凄いなぁ。

kiyomizudera
秋の便りかな

清水寺
京都市東山区清水1-294
075-551-1234
拝観時間はHPをご覧ください。
300円(夜間特別拝観400円)



清水さんを出て、歩いて河原町まで向かいます

kiyomizudera
八坂の塔がまた現れました

東大路通を歩いていると気になるお店が

kiyomizudera
Mijas Pittoo

1階はとても可愛らしい雑貨、地下1階にはお洋服やバッグなどが販売され、2階はカフェになっているお店。
女子が喜びそうな物に溢れていて、このお店めっちゃ気に入りました
店内は広くないので人数制限をされます。
この日はカフェはお休みされていたのでちょっと残念。
近くに来た際はまた寄りたいと思います

(2014.10.18)

「Mijas Pittoo(ミハス・ピトゥー)」
京都市東山区東大路通安井上ル月見町6
075-533-1010
12:30~20:00
不定休

関連記事