熊本の旅1日目 下田温泉 湯本の荘 夢ほたる

今回のお宿は下田温泉にある温泉宿です
ちょっと奮発しましたよ

yumehotaru 
入口

撮り方失敗です
斜めから撮影しないとねぇ…

yumehotaru
泊まった部屋

6畳の広さなので広くはないです。

yumehotaru
部屋からの眺め

下津深江川沿いに宿があり、川が見えてます。
庭に沢ガニさんがいてまして、巣があるようで親子でいてて可愛かったです

yumehotaru
露天風呂付きです

洗い場が外にあるのでビックリしました
チロっと写ってますが、隙間があるので川の向こうから見えるんじゃないかと疑問が…
旦那が折り畳み傘で隠してくれましたけど、もう一箇所隙間があったんですよねぇ…
もうちょっとしっかりと目隠しして欲しいなぁ

泉質はナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉です。
温度はやや熱めですが、ヌルっとしていて、お肌がすべすべします

温泉に入る前に川の向こうに行ってみることに

yumehotaru

足湯ができる場所がありましたよ

yumehotaru
下津深江川

yumehotaru
湯の本橋

yumehotaru
プレートが

絵柄が違うプレートが等間隔でありました。

川の向こうからは部屋の露天風呂は見えませんでしたが、他の宿の露天風呂は見えているところも…
数人のおっちゃん達を見ちゃいましたよぉ

宿に戻って部屋の露天風呂に勇気を出して入りました
ふと見上げると、上からもヤバイんちゃう~と気になり…
もうおばちゃんやけど、多少は気になりまっせぇ

そんなことを想いながら食事の時間

夕陽はですね~お天気になってきてましたが、この日の日没は19時、食事と重なるのと、海の上はお天気がどうか判らないので、行って無駄になるのも嫌なので諦めました

yumehotaru
左:天草きびなごと青梅酒 右:季節の前菜

yumehotaru
天草産伊勢エビと地魚盛り合わせ

伊勢エビが甘くてプリップリで美味しい~
他は鯛やイカや鯖やハマチ?が盛りだくさんです

魚屋直営のお宿だけあります

yumehotaru

右はお宿からの結婚15周年のお祝いとしてサービスしてくださったカクテルです
甘めのお酒だったので旦那は残念ながら頂けなく、左の熱燗で

yumehotaru
左:海鮮茶碗蒸し 中央:にゅう麺 右:鯛の荒焚き

右の鯛の荒焚きの出汁を中央の麺に入れて頂きます。
この出汁がめちゃくちゃ美味しいです

鯛だけのお出汁なのかお聞きすると、玉ねぎを大きなお鍋で煮込んでいるそうです。
家庭では出せないお味なんですね~
このお出汁、持って帰りたいくらい美味しいです

鯛のあらも美味しい~

yumehotaru
天草ロザリオポークのしゃぶしゃぶ

歯ごたえのある豚肉で、食べ応えがありました。

既にお腹いっぱいになってきましたよ~
でもまだ出てくるんですね~

yumehotaru
左:車海老の塩焼き 右:甲羅焼き

yumehotaru

左から、季節のお漬物・天草郷土料理せんだご汁・鯛めし・季節の果物とスイーツ。

全部食べ切れず残してしまいましたぁ
ごめんなさい

撮り忘れで、海老と野菜の衣揚げもありました。

もう一度露天風呂に浸かってから就寝

翌朝、朝食前にまたまた露天風呂

基本、大浴場があまり好きでない夫婦なので一度も大浴場に行かず

yumehotaru
朝食場

yumehotaru
朝食

下の伊勢エビは夕食で出たものです。
まだお腹いっぱいでしたが、素朴なおかずだったので美味しく頂きました。

次は2日目、まずは熊本市内へ

(2014.8.14)

湯本の荘 夢ほたる
熊本県天草市天草町下田北1366-1
0969-42-3311

blogramのブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 国内旅行 | ジャンル: 旅行

熊本の旅1日目 天草の海と教会②

大江天主堂から更に南へ進みます

amakusa 
﨑津教会 昭和9年(1934)再建

ハルブ神父により創建され、長崎の鉄川与助氏により設計されたゴシック様式の教会。
建てられた場所は絵踏みが行われた吉田庄屋役宅跡で、絵踏みが行われた場所に祭壇が設置されているそうです。
内部は珍しい畳敷きになっています。


大江天主堂とはまた違って、外観はどっしりした趣きの教会です。
ヨーロッパに近いような雰囲気なのに中は逆に純日本風という不思議な感じです。

ステンドグラスなどは大江天主堂とはさほど変わらない感じです。

こちらも内部撮影禁止です

amakusa

この周辺は「日本の渚百選」「日本のかおり風景100選」「国の重要文化的景観」に選ばれていて、世界遺産登録を目指しています。

「﨑津教会」
熊本県天草市河浦町﨑津539
0969-22-2243(天草宝島観光協会)
9:00~17:00(日曜am9:30~)
月曜休館(祝日の場合翌日)


周辺を歩いてみます

amakusa

amakusa

なんとも穏やかな時間が流れています

amakusa
お腹大きいかもにゃ~

ネコちゃんが数匹いましたよ~
でも逃げるので撮影できませんでしたぁ

来た道を戻って宿に向かいつつ寄り道も

amakusa
お馬さんが1頭だけいました

全く相手にされず、ムシャムシャと草を食べてました

amakusa
十三仏(じゅうさんぶつ)公園

大阪の方、「じゅうそう」ではないですよ

こちらも景勝ポイントでして、日本の夕陽百選の一つです。

与謝野鉄幹・晶子夫妻の歌碑もあります。

駐車場にトイレがあります。

amakusa
向こうは東シナ海ですね~

amakusa
晴れてたら。。。

amakusa
北側の妙見浦

妙見浦は国指定天然記念物及び名勝となっています。

amakusa
に見える岩礁

十三仏公園から妙見浦を見ると上の写真のように見えます。
といってもズームしないと判りにくいかもです。
どうですかね、象に見えてますか

amakusa
海は綺麗です

本当ならこのサンセットラインで夕陽を堪能するはずだったのですが…
多少晴れてもほとんど雲

一旦宿へチェックイン


より大きな地図で 天草2 を表示

(2014.8.14)
blogramのブログランキング
関連記事
テーマ: 国内旅行 | ジャンル: 旅行

熊本の旅1日目 天草の海と教会① 

ランチの後、389号線を通って教会へ向かいます
この道は「天草西海岸サンセットライン」と呼ばれていて、夕陽がとても綺麗に観れる場所で、天草夕陽八景となっています

ランチの時はいきなり土砂降りになっていたのですが、店を出る頃にはすっかり止んで晴れ間も見え隠れ

まずは、イルカマリンワールド受付場所からほど近い場所にある

amakusa
おっぱい岩がある海岸

amakusa
これがおっぱい岩

干潮時は近くまで行って触ることもできるようです。
この日の干潮時間は16時だったので残念ながら半分浸かってますねぇ

直径は約1.5mあるそうです。

「おっぱい岩」
熊本県天草郡苓北町坂瀬川


amakusa
鬼海ヶ浦(きかいがうら)展望所

amakusa

景勝地ポイント。天草灘が見渡せます

「鬼海ヶ浦展望所」
熊本県天草市天草町下田北


amakusa
大江天主堂 昭和8年(1933)建立

ガルニエ神父と当時の信者たちが心と力を合わせて完成させました。

天草に最初にキリスト教と伝えたのはイエズス会宣教師ルイス・デ・アルメイダで、永禄9年(1566)に志岐に入り、3年後に河内浦(今の河浦)で宣教しました。
天正19年(1591)にはコレジオ(神学校)も加津佐から天草に移され6年あまり続きました。

慶長19年(1614)には宣教師が追放され、キリシタンは隠れ部屋でおらしょ(祈り)を唱え、潜伏しながら信仰を守り伝えました。

文化2年(1805)大江村、今富村、﨑津村、高浜村で5205人の潜伏キリシタンが発覚したが、心得違いとして扱われ処罰は免れました。

明治25年(1892)ガルニエ神父が来島し、約49年間大江教会の主任司祭を務めました。


堂内は撮影禁止です

堂内はとても清楚な感じで、ヨーロッパのような煌びやかさはなく、ステンドグラスもありますが、日本らしい落ち着いた感じです。

amakusa

amakusa
教会側から見える風景

amakusa

「大江天主堂」
熊本県天草市天草町大江1782
0969-22-2243(天草宝島観光協会)
9:00~17:00(日曜am11:30~)
月曜休館(祝日の場合翌日


より大きな地図で 天草1 を表示

次はもう一つの教会へ

(2014.8.14)
 
blogramのブログランキング
関連記事
テーマ: 国内旅行 | ジャンル: 旅行

熊本の旅1日目 自家製カレー屋 珊瑚礁

イルカウォッチングの後、受付の隣にあるカレー屋さんに入りました

sangosho 
外観

sangosho
店内

なかなか雰囲気のあるお店ですよ

sangosho
ハヤシライス

前日の晩にカレーを食べに行ったので二人ともハヤシライスにしました。
旦那がハヤシライスを食べたがっていたのと、忙しそうですし、同じものの方がいいだろうなぁというのもありまして。

珍しくツナ?が入ってました。
独特の味付けな感じがします。
まぁ、美味しいかな

「自家製カレー屋 珊瑚礁」
熊本県天草市五和町二江2977
0969-33-1012
11:00~21:30
不定休



イルカマリンワールド受付の際にアイス引換券を頂いたのでアイスと交換しに隣のお店へ

sangosho
引き換えたアイス

昔ながらのアイスクリンのような感じで美味しかったですよ

次は教会へ

(2014.8.14)

blogramのブログランキング
関連記事
テーマ: ランチ | ジャンル: グルメ

熊本の旅1日目 イルカウォッチング

天草空港からレンタカーを借りて五和町まで向かいます
15分程で着きます。

イルカウォッチングの受付はいくつか施設があるので事前に予約しておくのがいいですね~

天草イルカインフォメーション

先日テレビで俳優の佐藤健さんとウエンツ瑛士さんが天草でイルカウォッチングをされているのが放送されましたが、その時に利用された施設は「天草海鮮蔵」さんです。

私たちが予約したのは「イルカマリンワールド」さんで、ネットからの予約だとアイスとポストカード、割引があります。
時期で変更もあると思うのでチェックしてくださいね。

予約時間より早く着き、臨時便が出ているのでそれに変更してもらいました。
ちょうど残りの人数セーフでした

iruka
待っている間に

トイレは事前に済ませた方がいいです。
付いてる船もありますが、イルカちゃんを見るのに必死になりますから

iruka
さぁいよいよ行きますよ~

iruka
二江漁港を後にして

iruka
赤い囲いがイルカマリンワールド受付場所

出港から10分ほどでイルカちゃんが暮らしている場所に辿り着きます。
とても近いですね~
乗船時間は1時間くらいです。

iruka
イルカちゃんが現れました

iruka
ミナミハンドウイルカ

iruka
しばしイルカちゃん待ち

出たり潜ったりするので姿が見えない時間もあります。
現れたら船をそちらへ向かわせてくれます。
ただ、船によってはイルカちゃんを追い立てすぎじゃないかと思われることもありました。
私たちが乗った船は無理に追い立てることはなかったので良かったです

動画を撮影したのでよろしければご覧くださいね~
船酔い注意



撮影も疲れるので後はじっくりイルカちゃんを堪能してました

iruka
乗っていた船

雨が降ったりやんだりのお天気でしたが、土砂降りにならず良かったです。
念願のイルカウォッチングが出来たので最高でした

iruka

iruka

次にランチです。

(2014.8.14)

イルカマリンワールド
熊本県天草市五和町二江2977
0969-33-1633
 

blogramのブログランキング
関連記事
テーマ: 国内旅行 | ジャンル: 旅行