40010SHIMANTOUのかりんとう

10月某日、高知から来客がございまして、お土産に頂きました

今年、最高気温日本一を達成した四万十市のかりんとうです。
といっても来阪されたのは四万十市より西側にある市の方なんですが、片道6時間程かかるんですよねぇ
父の故郷へ行くのに今でも電車だろうが車だろうが片道6時間程かかります・・・
だからなかなか行けません

頂いたかりんとうは、東京の「パティスリー ポタジェ」のシェフがプロデュースしたそうで、高知産のお米と国産小麦粉、四万十地域の恵みを使用した素朴な味わいになっています。

40010
パッケージ

40010
6種類の味が楽しめます

味は《プレーンかりんとう》《しょうがかりんとう》《青のりかりんとう》《だし醤油》《ゆずかりんとう》《たまねぎかりんとう》が入っています。

40010
プレーンかりんとう

高知県黒潮町産サトウキビを窯焚き製法で煮詰めて作られています。

揚げていないのであっさりしていて、味も薄味なので米粉の味わいを感じます。
濃い味が好きな人には物足りないかもしれないですが、体には優しいですね~

一番好きだったのは《たまねぎかりんとう》かなぁ
たまねぎの香りと甘さが食欲をそそります

有限責任事業組合LLPしまんと
高知県四万十市駅前町6-16
0880-34-0304

今年の記事はこれで終わりです。
ご訪問・コメントありがとう御座いました
来年も元気にブログを続けられたらと想います。
皆様もどうぞ良いお年をお迎えくださいね

blogramのブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 和スイーツ | ジャンル: グルメ

大阪 石切劔箭神社

10月末頃に母と二人で訪れました

やっとの思いで重い腰を上げて来ることが出来ました。
来てみたら案外近かったなぁ

母との合流が近鉄が便利だったので奈良線の「石切」駅から歩きます。
けっこう距離が長くて、おまけに坂道
帰りが大変でした

因みに地下鉄中央線の「新石切」駅からの方が近くて楽です。

 
ishikiri
改札を出ると鳥居が

 
ここから参道になっています。
ずーっと下っていきます

ishikiri
猫ちゃんと遭遇

しゃがんで撮影しようとすると猫ちゃんの方から近づいてきました
お顔はかなり野性的な感じなんですが、

ishikiri
甘えてます

まだ子猫ちゃんで、喉をゴロゴロ鳴らしながらスリスリと甘えてくるんですよ~
めっちゃ可愛かったですぅ~
母も可愛がっていましたね~
帰りは残念ながらいなくて会えませんでした。。。

ishikiri
まだコスモスの時期でした

ishikiri
石切劔箭(つるぎや)神社 三之鳥居

大阪ではお百度参りで有名ですよね。
平日ですが、けっこうお百度されていましたねぇ
私たちは普通の感謝の参拝ですが。

社家に伝わる口伝をまとめた「遺書伝来記」によれば、神武天皇紀元2年(紀元前659)現生駒山中の宮山に饒速日尊を奉斎申し上げたのをもって神社の起源とされています。

ishikiri
本殿

ご祭神は饒速日尊(にぎはやひのみこと)・可美真手命(うましまでのみこと)。

ishikiri
絵馬殿

むか~し昔、子供の頃、母と妹と三人で来たことがあるのですが、この絵馬殿に柴犬の仔犬3匹がダンボール箱に入れられていたんですね
産まれて1ヶ月程じゃないでしょうか。。。
一度見てしまったらそこから離れられなくて・・・
でも家では飼えないし、どうしようと妹と二人でしゃがみこんで仔犬を撫でていたんです。
母は黙ってみてましたけど(母は犬が苦手・・・)

そこへ1匹連れて帰ってくれる人が現れ、喜びました
あと2匹、誰か連れて帰ってぇと想っていると、救世主が現れました
既にワンちゃんを連れた方だったのですが、1匹連れて帰ろうとされました。
すかさず「もう1匹お願いします」と言うと、ちょっと考えられて「1匹も2匹も同じか」と言って2匹とも連れて帰ってくれました
私が置いた子犬じゃないけど、本当に有難かったです
いい方々がおられて良かったです
寿命からして、仔犬達はもうこの世にはいないと思います

駅に向かいながら参道でお買い物

ishikiri
お漬物屋さん

ishikiri
このたくあん買いました

ishikiri
煎餅と豆菓子のお店

こちらで豆菓子2種類購入。
美味しかったです~

ishikiri
ご朱印


ご朱印の日付が違いますが、旦那が仕事関係で行った時のものです。
(2013.10.30)

石切劔箭神社
大阪府東大阪市東石切町1-1-1
072-982-3621

blogramのブログランキング
関連記事

インキョカフェ

金福寺を出て一乗寺駅に向かう途中にあるカフェでお茶しました

inkyocafe
外観

店内はなかなかユニークで、レトロな感じというのでしょうか、ソファ席でゆったりできました

夜はバーになるようです

inkyocafe
ケーキセット700円とホットコーヒー350円

セットのドリンクはホットレモンティーです。
ケーキはフォンダンショコラで美味しかったです
温かいチョコ生地の中にトロ~リと溶けたチョコが堪らない
甘すぎなくてちょっと苦味があり、大人気分十分オバチャンやけど

コーヒーカップも可愛いですね~

近くに「NeNe」というリトアニア・北欧雑貨を扱っているお店があります。
実際にリトアニアにも行かれるそうですよ。
リトアニアの木の手作りコースターを購入しました
細工がとても繊細でデザインが綺麗なんです
1枚しか購入しなかったんですが、本当は違うデザインをあと2枚欲しかった・・・
また寄ろう。。。
コースターとして使用せず、壁に飾っています
デザインはHPで見れますし、購入できますよ~
店を出てから旦那と「店の兄ちゃんイケメンやったなぁ」と

「インキョカフェ」
京都市左京区一乗寺里ノ前町5 1階
075-724-2341
ランチ12:00~14:30
バー18:00~23:00
木曜定休

blogramのブログランキング
関連記事
テーマ: カフェ | ジャンル: グルメ

京都 金福寺の紅葉2013

詩仙堂より少し南に進みます

小さなお寺なのですが、紅葉はとても綺麗でした
特にドウダンツツジが真っ赤っかでした

konpukuji
山門

konpukuji
紅葉が見えてますね

観6年(864)安恵(あんね)僧都が慈覚大師・円仁の遺志により創建。
後に一時荒廃し、江戸中期、もとは天台宗でしたが鉄舟和尚が再興し臨済宗南禅寺派となり現在に至る。

松尾芭蕉や与謝蕪村にゆかりのある俳句の聖地でもある。

ご本尊は聖観音菩薩像。


konpukuji
ここはすごく綺麗でした

konpukuji
真っ赤なドウダンツツジ

konpukuji
ここもサツキが綺麗でしょう

konpukuji
枯山水庭

夏は桔梗が咲くようですね

konpukuji
芭蕉庵の屋根

konpukuji

konpukuji
京都市内が見えますね

konpukuji
芭蕉庵

konpukuji

konpukuji

konpukuji

konpukuji
ご朱印

今年の紅葉はこれで終わりです
来年も綺麗な紅葉が観れることを想います。。。

(2013.11.23)

「金福寺」
京都市左京区一乗寺才形町20
075-791-1666
9:00~17:00
400円

blogramのブログランキング
関連記事

京都 詩仙堂の紅葉2013

東山から地下鉄・京阪と乗り継ぎ、叡山電鉄に乗ります。

いや~~~切符売場にすごい行列
PITAPAとかICOCAとか使えないんですねぇ・・・
スルっと関西とかのカードなら使用可のようです・・・
自販機と駅員さんから購入するのとに二手に分かれて並びました。
駅員さんの方が列が短かったので先に購入できました

叡山行きと鞍馬行きとがあり、どちらも「一乗寺」駅を通るのですが、断然叡山行きの方が空いてます
最初鞍馬行きのホームに並んでいたのですが、ものすごい人です
電車もギュウギュウ詰め・・・
一台見送った後、「一乗寺へ向かう方は〇番線ホームへ」とのアナウンス
行列の間をぬってホームをなんとか移動
鞍馬・貴船へ向かう人の多さにビックリでした

しかし、詩仙堂へ近づくに連れて、車が対向車と歩行者とで進みにくい状態・・・
道幅が狭いので歩行者も進めず立ち止まったり・・・

詩仙堂の建物内もすごい人・・・
靴を脱がないといけないので更に混雑
ここだけでかなり疲れました

とまぁ、こんな状態ですので門前から小有洞・老梅関の撮影は出来ませんでしたぁ

言い訳で、気持ちが落ち着かず、撮影に身が入っていないのでイマイチな写真ばかりです。
今までで一番良くないと自分では思ってます

shisendo
一乗寺下がり松

江戸時代始め、この地で刺客・宮本武蔵が吉岡一門数十人と決闘を行った伝説が有名。
八大神社の境内に決闘を見下ろしたという初代の松の古株が保存されている。
現在は4代目。


さて詩仙堂です。

shisendo

寛永18年(1641)石川丈山により造営されました。
詩仙堂とは凹凸窠(おうとつか・でこぼこした土地に建てた住居)であり、詩仙堂はその一室。

ご本尊は馬郎婦(めろうふ)観音像。


shisendo

何しろ人が多いので撮影に苦労するのですが、私の前にいた綺麗な女性が「どうぞ撮ってください」と一番前の場所を譲ってくださいました
長い時間陣取る人も多い中、有難かったです
私も3枚ほど撮影した後すぐ後ろの方に譲りました。

shisendo
みんな撮影中

shisendo

shisendo

shisendo
お庭に出ます。

shisendo

shisendo

shisendo

shisendo

shisendo

shisendo

shisendo

shisendo

shisendo

サツキの季節にも来てみたいですね~
紅葉よりは人が少ないでしょうしね

次へ向かいます。

(2013.11.23)

詩仙堂
京都市左京区一乗寺門口町27
075-781-2954
9:00~17:00
500円
5月23日定休


より大きな地図で 詩仙堂丈山寺 を表示blogramのブログランキング
関連記事