なかたに亭のケーキ

先月、結婚14周年を迎えまして、お祝いに旦那に買ってきてもらいました~

食事は私の誕生日と合同で・・・今月で、もう過ぎましたけどまだ・・・
ってかもう明日から8月やし

天候がねぇ・・・不安で・・・ゲリラ豪雨とかになったら嫌やし・・・
場所は京都と模索してるんですが

こちらのケーキ、一度は食べてみたいと思っていたんですよね~
チョコが美味しいと評判のお店なのでやはりケーキもチョコ系で

nakatanitei
カライブ 472円

こちらは人気の定番商品みたいですね~
濃厚なチョコがめっちゃ美味しいです

nakatanitei
ショコラティーヌ 420円

ちょっとビターなのが大人な感じ

nakatanitei
アブリル 525円

可愛らしい女子向きのケーキですね
周囲のストロベリーチョコはクランチになっていて美味しいです
中はムースになっていて、緑色はピスタチオのクリームです。

nakatanitei
モンテリマール 525円

ヌガーをイメージしているそうです。
どんな感じだったか忘れちゃいました
これはほとんど旦那が食べたので

nakatanitei
甘夏のゼリー 472円

爽やかでとても美味しかったです
今の時季にもピッタリですね

ちょっとお高くて特別な日にしか食べれないので、やっと食べることが出来ました

なかたに亭
大阪市天王寺区上本町6-6-27
06-6773-5240
10:00~19:00
月曜・第3火曜定休



島根県津和野町・山口県萩市で片付けボランティアを募集されています。
詳しい内容はこちらまで
  
島根県津和野町役場・・・
http://www.tsuwano.net/www/contents/1375227193294/index.html

山口県萩市・・・
http://www.city.hagi.lg.jp/soshiki/detail.html?lif_id=35562
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: スイーツ | ジャンル: グルメ

マリー・アントワネット物語展

またまた兵庫県立美術館まで行ってきましたよ~

「奇跡のクラークコレクション」と同時に開催されているのですが、クラークさんの方が人気があって行列になっていましたねぇ
私が観に行った時より増えてる気がします

アントワネットさんの方はゆったりと観ることが出来ました

王妃として華やかで優雅な宮廷生活を送りながら妻として母として一人の女性としての一生を辿り、ファッションなどの美に焦点を当てています。

正直、、、ちょっと物足りなかったです
もっと調度品とか宝飾品とか観たかったなぁ。。。
アントワネットが着ていたドレスの再現などは良かったですね~
写真撮影もOKでしたよ

後、こんもり頭の体験(頭に船が付いたカツラ)もできます
近くにいる係りの方に言えば被らせてもらえますし、写真も撮影できますよ~

購入したポストカードです。

marie 「サン=ベルナール河岸からの眺め」
ニコラ=ジャン=バティスト・ラグネ 1750年頃

paris
2009年9月撮影

上記の絵と似たような場所と構図で撮ってます。
だいぶんと変わったんでしょうねぇ


marie 「王妃マリー・アントワネット(部分)」
エリザベト・ルイーズ・ヴィジェ・ルブラン 1778年

marie 「王妃マリー・アントワネットと子供たち」
エリザベト・ルイーズ・ヴィジェ・ルブラン 1786-1787年

marie 「マリー・アントワネットの風刺画」
作者不明 18世紀第4半世紀

首飾り事件とかあってアントワネットが濡れ衣をきせられ、可哀想だなと思いました・・・

色んな国の歴史を振り返るたびに争いのない国ってホント無いんだなぁと思います・・・

巡回
岡山・・・岡山シティミュージアム2013年9月11日~10月27日

美術館が増築され、1階にcafeが出来ていたので寄ってみました

marie
カフェ フォルテシモ

marie
窓からの景色

marie
アイスカフェラテ350円とミックスサンド500円

小腹が空いたので・・・

marie
アイスローズティM 380円

マリー・アントワネット展に因んで販売されていたので
ローズの香りがすごくしましたよ~

マリー・アントワネット物語展
兵庫県立美術館
2013年7月6日~9月1日
10:00~18:00(金・土曜~20:00)
入館は閉館の30分前まで
月曜休館
関連記事

通天閣

堀越神社の次に向かいました

一心寺と天王寺動物園の間の道を歩いていると

tutenkaku
リスが

旦那が気付きました。
ちょっと上方にあるので背が低いと見つけにくいかも・・・
このリスちゃん、ここだったのかぁ

と、暫く歩いてやっと辿り着きました。

tutenkaku
古写真風に

大阪に生まれてからずっと住んでいますが、初めて来ました
だってねぇ、昔は・・・
観光地になってもすぐ来れると思うとなかなか

せっかくなのでタワーに上ってみます。

混んでいて列に並ぶのは理解できるのですが、その待っている間にわざわざ写真を撮られるんですよね、当たり前のように・・・
これにはちょっと幻滅・・・
写真撮るの好きですが、撮られるの嫌いなんですよ

撮った写真買ってもらおうと商売なんでしょうが、毎回これがあると思うともう行かない。
撮るかどうか聞いて欲しいもんだ

5階展望台に到着~

tutenkaku

景色を見てみましょう

tutenkaku
東南 あべのハルカスが目立ちますね~

tutenkaku
北西方面

右のドームは京セラドームですね~

tutenkaku
北方面

ビル群があって都会ですね~

ぐるっと一周すると

tutenkaku
ビリケンさんがいました

満喫したので3階に降りると「ルナパークジオラマ」があり、100年前の新世界・通天閣の写真やジオラマ、映像が展示されています。

映像が面白かったです
100年前どんな新世界だったのか知らなかったので興味津々
ヨーロッパのような街造りだったのを初めて知りました
戦争で破壊され、残らなかったのが残念ですね・・・

tutenkaku
ジオラマで再現されていました

tutenkaku
お菓子の通天閣

3階・2階とお土産が販売されていました。
大阪ならではの商品や限定商品なんかもあるので面白いですね

tutenkaku
ここから撮らなきゃね

新世界に来たら「串かつ」でしょなんですが・・・
昼食は済ませてしまっているので今回は食べず。

実は私はカツが好きではないんですよねぇ・・・
昔は衣を剥がして中身だけ食べてました
胸焼けするからなんですが・・・
最近もほとんど食べないです。コロッケくらいかなぁ
でも、今度はちょっとチャレンジしてみようと思います

あっカツサンドは食べます
パンに油が吸収されていて胸焼けしないので

tutenkaku
ビリケン神社

なんでも神社かいな

その上の提灯の大阪弁、コテコテやなぁ
まぁ、私も「おもいっきり関西弁ですね」って言われたことあるけど・・・
なんやねん、あかんのかぁ

(2013.6.8)

通天閣
大阪市浪速区恵美須東1-18-6
06-6641-9555
9:00~21:00(入場~20:30)
お盆期間は時間変更有り
600円
無休

関連記事

京都 三室戸寺の蓮2013

更新が遅くなりました

通天閣記事の前に、3連休の初日、宇治へ行きましたので先に記事にします

出かけるのが億劫になりがちな今日この頃・・・
お天気が曇りの時こそ出かけなければ

さて、蓮を観るのはどこにしましょう・・・と考えたのですが、馴染みの三室戸寺にしちゃいました
まだここの蓮を観たこと無いし。

mimurotoji 
いつもの景色

mimurotoji
緑深いですね~

mimurotoji
本堂から

mimurotoji
本堂前に沢山の蓮

約100種250鉢の蓮が咲いています。

mimurotoji

mimurotoji

mimurotoji

mimurotoji

mimurotoji

mimurotoji
カマキリの赤ちゃん

可愛いですね~

mimurotoji

mimurotoji

mimurotoji

mimurotoji
フサフジウツギかな?

mimurotoji
クチナシの甘~い香りが

15日まで開園の紫陽花も観てみましたが終わっていましたねぇ

mimurotoji
満開だと綺麗でしょうね~

また来たいと思います。

mimurotoji

mimurotoji

mimurotoji
こちらの「花の茶屋」で休憩しました

mimurotoji

上からアイスコーヒー380円、ひやしあめゼリー550円、サービスでわらび餅とゴマの飴を頂きました
ひやしあめゼリーは写真だともっとジュレのような感じかと思ったのですが、しっかりとしたゼリーで、羊羹っぽいかなぁ・・・
個人的にはジュレくらい軟い方が好きです~

mimurotoji
ご朱印

2010年西国三十三所巡りの三室戸寺
2010年三室戸寺の紅葉
2011年三室戸寺のシャクナゲ・ツツジ

(2013.7.13)

三室戸寺
京都府宇治市莵道滋賀谷21
0774-21-2067
8:30〜16:30(4月〜10月)
8:30〜16:00(11月〜3月)
500円(宝物館300円)

関連記事

大阪 堀越神社

6月の天王寺公園内、慶沢園の後、向かいました

こちらにはある目的がございまして、参拝させて頂きました

horikoshijinja
小さな神社でした

聖徳太子が叔父君にあたる崇峻天皇を偲んで、茶臼山の地に四天王寺建立と同時に創建されました。

明治の中期まで境内の南沿いに堀があり、この堀を越えて参詣したので堀越という名が付けられました。


horikoshijinja
境内

ご祭神は崇峻天皇。

チラッと見えている建物が本殿です。
本殿・拝殿は正面から撮らないようにしているのでこんな構図になっちゃいました

次が目的の写真です

horikoshijinja
会いに来ました

サスケ君です
以前から機会あれば会いたいと想っていたんですよね~

ご朱印を頂く時に対応してくださったご夫人にサスケちゃんが居てるか尋ねると社務所の窓口まで連れてきてくださいました

ちょっとだけ窓を開けてくださり、ナデナデさせてくださいました
大人しくてめっちゃ可愛かったです

いつも会わせて頂けるかは分かりませんので直接ご確認くださいね

horikoshijinja
ピントが合わない
 
horikoshijinja  horikoshijinja
ご朱印

次は通天閣へ

(2013.6.8)

堀越神社
大阪市天王寺区茶臼山町1-8
06-6771-9072

関連記事